スタッフブログ

”熱中症”について【富田林市 くめ鍼灸整骨院】

2015年08月15日

くめ鍼灸整骨院、奥野です。

 

まだまだ、暑い日が続いておりますがいかがお過ごしでしょうか?

私は暑くても趣味の “ ランニング ”をしております。

 

1回のランニングでの走る距離は5~10キロメートル走るので、汗の量は多く、しっかりとした水分補給をしなければ熱中症の危険があるのでかなり注意をしております。

 

先日、患者さんと話をさせて頂いている中で“つい最近熱中症になってしまった”という患者さんがおられました。

               熱中症のお爺さんのイラスト

今回は、熱中症の予防について書かせていただきます。

熱中症の予防には、日本体育協会が啓蒙している”熱中症予防の8か条”というものがありますので紹介させていただきます。

1、知って防ごう熱中症。

 

2、あわてるな、されど急ごう救命処置。

 

3、暑いとき、無理な運動は事故のもと。

 

4、急な暑さは要注意。

 

5、失った水と塩分取り戻そう。

 

6、体重で知ろう健康と汗の量。

 

7、薄着ルックでさわやかに。

 

8、体調不良は事故のもと

 

熱中症予防8か条は運動されるかたも、されない方も注意しましょう。

 

熱中症は急に暑くなった時に発生することが多いのでクーラーなどで体を冷やした後に外で長い間活動される方は特に気をつけて下さい。汗で失った水分を補給するときにも0.1-0.2%程度の食塩水が最も良いと言われており、皮膚からの熱の放出には服装が関係するため、暑いときは服装が関係するので暑いときは軽装で、吸湿性や通気性の良いものを着て帽子などで直射日光を避けましょう。

       水分補給のイラスト       木陰で休んでいる子供のイラスト

もし、予防をされていても体の調子がおかしいなと感じましたらすぐ病院に行ってくださいね。

 

私たちは少しでも患者さんの体調を知る事で施術の効果をあげ、お役に立ちたいと考えております。何気ないことでも気軽にお話し下さいね。

お問い合わせはこちら↓↓↓

☎ 0721-28-1180

くめ鍼灸整骨院公式ホームページ

交通事故治療

お問い合わせはこちら

くめ鍼灸整骨院

お問合せ番号:0721-28-1180

TOPに戻る