スタッフブログ

腰椎椎間板ヘルニアについて【 富田林市 金剛駅 くめ鍼灸整骨院 】

2017年01月8日

こんにちは、富田林 金剛駅近くで背骨・骨盤全身矯正をさせていただいております くめ鍼灸整骨院の竹中です。

 

今回は腰椎椎間板ヘルニアについて話していきます。

 

 

〇腰椎椎間板ヘルニアとは

首から腰までの背骨は全部で24個あります。24個の骨が少しずつ動くことによって、

普段何気なくしている体を捻ったり、前後に曲げたり伸ばしたりすることができます。

24個の骨の間にはそれぞれクッションのような軟骨があり、それを椎間板といいます。

二足歩行の人間にとっては立っていても座っていても椎間板に負担がかかります。

負担が長期にわたってかかると椎間板が変性して中身が少し飛び出てきて神経などを

圧迫してしまい痛みやシビレが出てしまう方がおられます。

 

kansetsutsuu_koshi

今までみてきた患者様の経験からですが、腰椎椎間板ヘルニアと診断されてMRI

の画像では明らかに強く圧迫されているように見えるのにほとんど症状のない方や

画像上では圧迫が少ないように見えるのに症状がかなり強い方がおられます。

このことから症状の強弱はかなりの個人差があるように感じられます。

 

 

腰椎椎間板ヘルニアの発症初期は炎症が強いため安静にして炎症を抑えることが

重要です。他に炎症を抑えるために周辺の筋肉をゆるめたり、鍼灸治療、ゆがみを

取るための骨盤・背骨矯正を行います。

 

土台である骨盤がゆがむと柱である背骨がゆがむ、結果どこかに圧迫される箇所が出て

炎症を起こし腰の痛みの症状が出る。痛みが出ることによって周辺の筋肉が硬くなる、

硬くなるから血行が悪くなりもっと筋肉が硬くなってゆがみと圧迫が増えてしまうなど

悪循環になってしまいます。

 

くめ鍼灸整骨院では骨盤矯正やマッサージ、鍼灸、ストレッチ指導、カウンセリングなど

によりこれらを緩和・改善していきます。

問診、徒手検査をして、しっかりと見極めてから、提携の整形外科でMRIを取って頂く

こともあります。

 

皆さんよく言われるのが骨盤矯正は「バキボキ」して痛くないですか?

はりは痛そうだし怖い!などですが、

 

そんなことはありません。

骨盤矯正を受けてみた患者様は「全然痛くなくソフトだった」とよく言われますし、

はり治療も非常に細いはりを使っているので痛みはほとんど出ません。

 

富田林市や金剛駅付近で腰の痛みやシビレの症状がありましたらくめ鍼灸整骨院に

ご相談ください。

 

 

 

 

 

☎ 0721―28―1180

 

 

 

 

 

 

くめ鍼灸整骨院公式ホームページ

 

 

 

 

 

 

交通事故治療はこちらより

 

 

お問い合わせはこちら

くめ鍼灸整骨院

お問合せ番号:0721-28-1180

TOPに戻る