スタッフブログ

足をひねってしまったとき「捻挫」【富田林 金剛駅 くめ鍼灸整骨院】

2016年09月12日

こんにちは!富田林市・金剛駅近くで骨盤矯正・交通事故治療おこなっておりますくめ鍼灸整骨院の奥野です。

 

夏の暑い時期もだんだんと終わりを迎え秋の過ごしやすい気候が近づいてきていますが皆さんはいかがお過ごしでしょうか?

秋はよく「食欲の秋」や「スポーツの秋」などと例えられます。

身体を動かしだして足をひねる・・”ねんざ”というケガをする、、、なんてことがよくあります。

ですので、今回は”捻挫”についてお話ししていきます。

jiko_nenza

 

捻挫はスポーツで頻度の高いケガの一つで、足首を内側にねじったときに足の関節の外側の靭帯を傷めるケースがほとんどです。

スポーツでの”ねんざ”頻度が多いのですが、日常動作でも歩いていて段差でつまずくなどして”ねんざ”することなんかもあります。

 

症状としては、くるぶしの前や下の痛みや腫れ、押さえて痛いなどの症状があります。

もし、”ねんざ”した時に自分でできる治療としましてはRICE処置というのがあります。

RICE処置

1、安静

2、冷却

3、圧迫

4、挙上

という処置があります。

medical_taping_foot

 

捻挫は再発しやすいので、これらの処置をして痛みがなくなったから大丈夫と思って日常生活やスポーツ現場に戻ってしまうと捻挫を繰り返して癖になってしまうことがありますので整形外科や整骨院などに受診してください。

また、ただの捻挫と思っていたら骨が折れていたりすることもあるので早めの受診をオススメします。

当院でも治療やアドバイスなどできますので足をひねってしまったかな?と思いましたら当院にご相談ください。

 

 

 

☎0721-28-1180

 

 

 

くめ鍼灸整骨院公式ホームページ

 

 

 

交通事故はこちら

お問い合わせはこちら

くめ鍼灸整骨院

お問合せ番号:0721-28-1180

TOPに戻る