スタッフブログ

足の裏の痛み(足底筋膜炎、足底腱膜炎)でお困りでは?          【富田林市 金剛駅 くめ鍼灸整骨院】

2016年08月8日

こんにちは、富田林市 金剛駅近くで骨盤矯正・交通事故治療をさせていただいています

くめ鍼灸整骨院の竹中です。

 

 

 

今回は足底筋膜炎、足底腱膜炎など”足の裏の痛み”についてお話します。

 

body_ashi

 

○足底筋膜炎?足底腱膜炎?

 

足の裏の痛みは足の指の付け根くらいからかかとまでに張っている膜のような筋・腱膜が炎症を起こし痛みが出る症状を言います。痛みが出る部分としては、かかとの少し前方が多く、足の親指の付け根や土踏まずの辺りにも多いです。

 

 

 

○どういう人に多いのか?

 

4、50代の方やスポーツをしている方にみられる事が多い症状で
当院では長時間の立ち仕事をしている方や10代でも繰り返しの負担のかかるスポーツをしている方に多くみられます。

 

 

 

○なぜ痛くなるのか?

 

足底筋・腱膜のある土踏まずのアーチは足が地面に衝いた時に荷重や衝撃を逃がすスプリングのような役目があります。

二本足で歩く人間にとって何をするにしても普段から常に負荷がかかっている状態にある所にさらに足の酷使など繰り返しの負荷が蓄積して炎症などで足の裏の痛みになってしまします。

 

 

かかとの少し前方を押すと痛い、

 

朝起きた時に足をついたら痛い、

 

一歩目が特に痛く歩いていると楽になってくるなどが 症状になります。

 

 

 

○どうやったら痛みがなくなるのか?

 

”足の裏の痛み”は安静にすることですが、専門機関に通院して適切な指導・リハビリを受け改善させることをお勧めいたします。

 

当院では足の裏の痛みに対して 足の筋肉のマッサージやストレッチ、テーピングやインソールによる負荷の軽減、超音波や低周波、鍼灸を組み合わせて施術していきます。

            グループウォーキングのイラスト

 

そのうち治るだろうと思って放っておくと長引くこともありますので出来る限り早く治療を開始しましょう。

 

 

富田林・金剛で”足の裏の痛み”でお困りの方は

 

 

お問い合わせはこちら↓↓↓

☏0721-28-1180

 

 

 

くめ鍼灸整骨院公式ホームページ

 

 

 

 

交通事故治療はこちら

お問い合わせはこちら

くめ鍼灸整骨院

お問合せ番号:0721-28-1180

TOPに戻る