スタッフブログ

笑顔でハッピー【富田林市 くめ鍼灸整骨院】

2015年11月29日

寒くなってきましたが、みなさん、お体の調子はいかがでしょうか?

富田林市で骨盤矯正・脊椎矯正・交通事故治療を行っているくめ鍼灸整骨院 受付助手の日下部です。

 

私の一日は、前回のブログでご紹介した14才の愛犬の散歩から始まります。

関節炎もよくなり(私ではありません。犬です。)、出勤前に近所をくるりとひとまわり。

なにせ老犬とのスローな散歩ですから、しょっちゅう立ち止まります。その度に私は、踵の上げ下ろしをしたり、肩をグルグルまわしてみたり、首のストレッチをしてみたり・・・・(正しい首や肩の運動は、ホームページの中の動画で院長が紹介していますので見てくださいね!)

http://kume-sinkyu-seikotu.com/kata/

 

最近は、ロコモティブシンドロームの予防や健康への関心が高まり、早朝からたくさんの人が歩いています。

いつもお会いする、名前も知らない方と挨拶を交わし、すがすがしい朝の空気を胸いっぱい吸い込むと、

今日も一日頑張ろう!!という気持ちになります。

 

さて、最近、しばらくお休みしていたヨガを再開しました。

レッスンの翌日から数日間は、体中が筋肉痛?で散々で、日頃の運動不足を痛感しました。

 

ヨガの中に「笑いヨガ」というのがあります。ヨガの呼吸法と笑いをひとつにした笑の健康法です。

理由もなく、とにかくアーハッハッハッハッとお腹の底から大声で笑います。ひたすら笑います。

最初はちょっと恥ずかしいのですが、そのうち体がホカホカして、元気がわいてきます。

笑っているだけなのにスゴイ!!

私は、この仕事をしていて、いつも元気に、笑顔で、みなさんの治療のお手伝いができればいいなと思っています。

 

今年も残すところあとわずか。体の不調をしっかり治して、笑顔で一年をしめくくれますように・・・

 

予約お問い合わせはこちら↓↓↓

TEL:0721-28-1180

くめ鍼灸整骨院(公式ホームページ)

交通事故治療なら

私も五十肩、経験者!【富田林市 くめ鍼灸整骨院】

2015年11月14日

こんにちは、富田林市で骨盤矯正・脊椎矯正・交通事故治療を行ているくめ鍼灸整骨院の 森 です

早いもので今年もあと1ヶ月半となり、また慌ただしい12月がやってきます!

12月と言えば恒例の大掃除が待ってます。
その大掃除で思い出すのが四十肩、イヤ、五十肩
毎年普通にしていた、高いところの拭き掃除をしようと思ったら、腕を上げると痛みが走り拭くどころではなかったのです。
実はこれより前からカーテンを引いたりするときにも痛みがあったり、上の物を取ろうとしても腕か延びなかったりと症状はあったのです。

            関節痛のイラスト(肩)

(まあ、そのうち治るだろう  とそのままにして過ごしていました。
ある日、鍼灸師でもある竹中先生にこう言う症状があることを話すとすぐに鍼とお灸をしてくれる、と言ってくれました。
が私は鍼もお灸もしたことがないので、不安に思うことを言うと鍼の太さも髪の毛ほどでさほどは痛くないとのこと。
後日、思いきって受けてみることにしました。もちろん、不安がすべてなくなったわけではなかったのですが。
当日、受ける前に一度手を上げてと言われたので上げてみると、まっすぐはあがることなく、くの字にまがったようにしかあがらなかったのです。

今の状態がわかってから、鍼治療を受け、もう一度腕の上がり具合の確認をすると、
なんと、くの字くらいしか伸びなかった腕がへの字くらいまて延び、さらに高くまで上がったのです。
半信半疑で受けた私が一番驚きました。
痛みが一度になくなっわけではありません。それから数回、鍼、お灸をしてもらって暫くしたらいつのまにか痛むこともなくなり、腕も以前と同じように動くようになっていました。

あのまま、いつかは治るだろうと放置していたら、痛みや動きの制限される不自由さから解放されていなかったと思います。
現に私のまわりにも何年と痛みと付き合っている人もいます。
全ての人か同じような経過で治っていくわけではないですが、少し様子をみて、痛みか続くようなら信頼のおける先生から治療を受けることことの大切さを実感しました。

さて、今年の年末は動きの制限なくおもいきり大掃除、がんばります!

 

予約お問い合わせはこちら↓↓↓

TEL:0721-28-1180

くめ鍼灸整骨院(公式ホームページ)

交通事故治療なら

鍼灸の鍼について 【富田林市 くめ鍼灸整骨院】

2015年11月4日

こんにちは 富田林市で骨盤矯正・脊椎矯正・交通事故治療をおこなっている くめ鍼灸整骨院 奥野です。

 

皆さん鍼についてどのようなイメージをお持ちですか?

                 鍼灸院のイラスト

鍼による治療を受けたことのない方はだいたい≪鍼って怖くないの?痛くないの?鍼って使いまわしなの?≫などと思われていると思います。

実際、僕も鍼灸師という資格を持っていますが、鍼を実際に受けるまでは鍼に対して嫌なイメージがありました。

なので、今回は鍼の嫌なイメージになってしまっているであろう≪鍼の太さ≫≪鍼の衛生面≫≪鍼を刺した時の痛み≫について説明していきたいと思います。

 

皆さんは鍼と言われると子供のころに経験した≪注針射≫、裁縫などで使う≪縫い針≫などの昔の嫌な思い出や太い鍼をイメージしてしまうと思いますが、鍼灸師が使う鍼は、細いもので直径0.10㎜太いもので直径0.50㎜になります。

                    お灸をしている女性のイラスト

 

一番細い鍼と何かを比べてみようと思い調べてみると花王株式会社のHPで日本人女性の髪の毛の太さは直径平均0.08㎜と書かれているのを発見し、<一番細い鍼と髪の毛が同じ位の細さ>ということがわかりました。

 

鍼の衛生面ですが、皆さんに鍼は使いまわしているの?などと聞かれたりしますがそんな事はありません!

ディスポーダブル鍼といってエチレンオキサイドガスというガスで滅菌されている鍼を≪使い捨て≫という形で使用しているので安心してください。

 

最後に鍼の痛みですが、髪の毛と同じくらい細い鍼なので注射針や縫い針を刺した時のような痛みはないですが、鍼灸師が扱う鍼には≪ズーン≫とした独特な感覚が伴うことがあります。

この感覚は鍼による治療の際に独特な感覚になりますが、実際に鍼を受けていただいた時にこの≪ズーン≫といった感覚が苦手でしたらさせないこともできますのでご相談ください

鍼灸治療に興味がある方、このブログをみて鍼について疑問、興味をいだいた方はここの治療所の先生方は皆さん鍼灸の資格を持っていますのでご相談下さい。

予約お問い合わせはこちら↓↓↓

TEL:0721-28-1180

くめ鍼灸整骨院(公式ホームページ)

交通事故治療なら

 

 

お問い合わせはこちら

くめ鍼灸整骨院

お問合せ番号:0721-28-1180

TOPに戻る