スタッフブログ

頭痛はやっぱり気を付けてください!【富田林市 くめ鍼灸整骨院】

2016年02月12日

こんにちは、骨盤矯正・交通事故治療を行っています くめ鍼灸整骨院 久米です。

 

 頭痛で悩まれている方はたくさんおられると思います。頭痛は常に痛くなくとも痛い時は気持ちも沈んで生活に支障をきたしてしまいますよね。  
zutuu

 頭痛ってなんとか回避できないものかと…と考えたことはありませんか。

 

頭痛は体の危険信号でもあります。頭痛の種類によっては生活を脅かすものになりかねません。

どんな種類の頭痛があってどんな頭痛対策をしたらいいんだろうか、簡単にご説明しますので参考にしてください。

 

「ろれつが回らない」「視界がおかしい」「腕から足まで片方だけがしびれだした」などを伴う急性の強い頭痛なのですぐに専門医療機関(救急・脳神経外科)へ受診をしてください。

 

慢性頭痛は 群発性頭痛・片頭痛・筋緊張性頭痛の3つ程に分かれます。

 

 簡単に見分ける特徴として

「目がえぐられるような激しい頭痛」「1~2時間頭痛が続く」「1~2か月間毎日起こる」などは群発性頭痛。

 「ズキン、ズキンと波打つような強い頭痛」「頭痛が起こる前にチカチカした光が見える事がある」「体を動かすとガンガン痛む頭痛」などは片頭痛が多いですね。

 そして「後頭部から頭全体が締め付けられる様な重い頭痛」「頭痛と一緒に肩こり首こりを伴う」「軽いまめいが起こることがある」「温めると頭痛が楽になる」「パソコンを使った後に頭痛がする」などは筋緊張性の頭痛となります。

 

 

  群発性頭痛の場合は 痛みが強い場合が多いので専門機関に相談されるとことをおすすめ致します。(神経内科や脳神経外科など)

 

 片頭痛は 血管が広がったまま炎症状態が続いているものなので頭や首を冷却しておとなしくする時間を増やすことが良いです。

下手に運動や入浴、マッサージなどは血管を広げ痛みが強くなる恐れがあるので厳禁です。これも痛みが強い場合は専門機関(神経内科や脳神経外科など)の受診をおすすめ致します。

 

 筋緊張性頭痛は 精神的なストレスや長時間のデスクワークなど同じ姿勢を続けたことによって、血行が悪くなり、首や肩、頭、背中の筋肉が緊張してこわばって時間の経過とともに慢性化。

 

                       コンピューターで目が疲れている人のイラスト

 

一般的に首や肩を温めたり、適度な運動やストレッチで改善しますが、緊張の度合いが強かったり、筋緊張状態が長く続いていると簡単には自己解決できない症例が増えてくるのも現状です。

 

ともあれ、早めにご自身の頭痛の種類を把握して対策することで頭痛が酷くならずに不安にならない生活を送る為の第一歩と言えます。

不安な事や気になる症状があれば、いつでもご相談ください。

 

 お問い合わせはこちら↓↓↓

 ☎0721-28-1180

 

くめ鍼灸整骨院(公式ホームページ)

 

 交通事故治療

成長痛・スポーツ障害について 【富田林市 くめ鍼灸整骨院】

2016年02月1日

こんにちは、富田林で骨盤矯正・脊椎矯正・交通事故治療を行っているくめ鍼灸整骨院の竹中です。

 

当院の目の前が中学校ということもあって成長痛 スポーツ障害をもつ中学生を施術する機会が多いのですが、

 

膝のお皿の少し下が痛い、すねの内側が痛い、かかとが痛い、足の指が痛む など痛みを我慢してトレーニングしているとよく耳にします。

成績をあげる為にはトレーニングの繰り返しは必要ですが、痛みがあるのに無理に運動を繰り返していると

 

1、痛みでパフォーマンスや成績が上がらない

        ↓
2、パフォーマンスや成績が上がらないからもっとトレーニングをする

        ↓
3、トレーニングを頑張るから炎症による痛みが強くなる
        ↓
      1に戻る

と当然のごとく悪循環になりケガをするわけで 最悪には疲労骨折をおこすこともあります。

 

成長期のいわゆる成長痛やスポーツ障害での過度なトレーニングによる痛みは、体を安静にさせようとする重要な信号です。

 

クラブなどで皆と競い合うようになってくると痛くてもトレーニングをしないとダメだと焦る気持ちもわかります。

 

改善の方法として一番重要なのは 成長痛の十分な ”痛みの管理” と ”休息” をとることなのです。

ただ、セルフメンテナンスには限界がありますよね。

 

    準備運動のイラスト(脚)           準備運動のイラスト(肩)

 

そこで、当院でのスポーツ障害へのお手伝いできることは

1、セルフストレッチの指導

2、パートナーストレッチ

3、スポーツマッサージ

4、テーピングでの補助・固定

5、サポーターでの補助・固定

6、鍼灸治療

などになります。

 

スポーツ障害や成長痛への対策を正しく行うことで回復を図り、パフォーマンスをアップさせることができます。

スポーツ障害や成長痛での痛みで悩んでいる方やパフォーマンスアップを目指している方は一度ご相談ください。

 

予約・お問い合わせはこちら↓↓↓

電話:0721-28-1180

富田林市 くめ鍼灸整骨院 (公式ホームページ)

富田林交通事故治療

 

 

お問い合わせはこちら

くめ鍼灸整骨院

お問合せ番号:0721-28-1180

TOPに戻る