スタッフブログ

指や手首の痛み 腱鞘炎について

2018年04月9日

富田林市・金剛駅近くで背骨・骨盤全身矯正交通事故治療をおこなっております。くめ鍼灸整骨院の竹中です。

急に桜が咲き出したと思ったらすぐに散ってしまいましたね。皆さんはお花見などで桜を満喫できましたか?

富田林市大阪狭山市で頭痛,肩こり,腰痛でお悩みの方はくめ鍼灸整骨院へ

今回は主に指や手首に起こる腱鞘炎について話していきます。

 

富田林市大阪狭山市で手首,指の痛みでお困りの方はくめ鍼灸整骨院へお越しください

 

○腱と腱鞘とは?

 

腱とはひも状の硬い組織のことで有名な腱としてはアキレス腱があります。この腱と筋肉が連動することで関節を動かすことができます。
関節を動かすと腱と骨などが摩擦することによって炎症が起きやすくなってしまいます。そこで炎症を起きにくくするために腱は鞘(さや)によって守られています。この鞘のことを腱鞘といいます。

 

本来は腱は腱鞘の中をスムーズに動いているのですが、色々な原因により腱や腱鞘が炎症を起こすと次第に摩擦が生じ、摩擦があるので炎症が増しスムーズに動けなくなって痛みを感じる状態を腱鞘炎といいます。

 

 

○色々な原因とは?

一番の原因としては手や指の使いすぎです。仕事や家事などで繰り返しの日々の動作で痛めていることもありケアができていないと蓄積して腱鞘炎を起こしやすくなってしまいます。最近ではスマホの操作のし過ぎによる腱鞘炎も目立つようになってきました。

 

他の原因として出産や更年期などで女性ホルモンの変化により腱や腱鞘が弱くなり、弱った所に育児や家事などを繰り返しすることで腱鞘炎が起きやすくなってしまいます。

 

 

○体や手関節のゆがみやも大きな原因

体がゆがむと負担がかかる場所ができてしまったり血流の悪さなどから悪循環に陥り、普段酷使する手などに症状が現れやすくなります。腱鞘炎は体のゆがみも原因の一つである事が多く、それが幹部だけを治療しても治りにくい原因でもあります。

 

手首の関節は酷使するところでもありケアもあまりしないのでゆがんでいることが多いです。内や外にゆがんでいる。またはねじれているなど正常な関節の動きができないので腱や腱鞘を傷めてしまう事が多くなってしまいます。

 

 

この症状には普段の体のケアが大切です。マッサージ、全身のや手首のゆがみの矯正、ストレッチや熱がある場合は適切なアイシングの方法、サポーター、テーピングでの補助など話し合いながら適切な治療法を一緒に考えていきましょう。
腱鞘炎の痛みなどでお困りの方はくめ鍼灸整骨院までご相談ください。

 

 

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

〒584-0073
大阪府富田林市寺池台1-9-60金剛ショッピングモール1階(駐車場200台)
南海高野線 金剛駅東出口 直線徒歩8分

くめ鍼灸整骨院
月ー土   8:30~12:00
月火木金 15:30~19:30

お電話0721‐28‐1180

富田林 金剛駅 くめ鍼灸整骨院公式ホームページ

富田林・大阪狭山での交通事故治療・ご相談はこちら

エキテンでお得にやさしい矯正治療♪

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

お問い合わせはこちら

くめ鍼灸整骨院

お問合せ番号:0721-28-1180

TOPに戻る