スタッフブログ

O脚を放っていませんか?

2022年03月4日

こんにちは、くめ鍼灸整骨院 金剛院の竹中です。

 

もう3月になってしまいました。時間が過ぎるのが早いですね!

3月と言えば僕達の職業での一大イベントとして国家試験があり、2月後半には鍼灸師の国家試験、3月前半には整骨院の先生になる国家試験があり、当時のド緊張していた自分を思いだしてしまいました。

 

今回は日本人に多いO脚について書いていきます。

 

O脚(内反膝)

 

O脚とは内反膝ともいい、足を閉じて立った姿勢でも両膝の内側がくっつかずに外側に開いている状態のことをいいます。両膝がつかずに外側に開いているので、前から見るとアルファベットのO(オー)のように見えることからO脚と言われています。

 

 

目安として、両膝の間に指が2本分以上入る方はO脚の可能性があり注意が必要です。

 

O脚の悩み

O脚での悩みとしてよく聞くこととして

 

疲れやすい

他人によく言われるので気になってしまう

スリムなズボンを履けない

下半身が太く見えやすい

膝が痛くなる

将来が心配

靴の外側がすり減りやすい

 

などがあります

 

原因は?

O脚には大きく2つの原因があり、骨盤が原因の場合と、の変形が原因の場合です。

足は骨盤についているので骨盤が歪んだり開いていると足が開いてO脚のように見えることになります。

足の変形の場合でも骨盤の歪みがある人が非常に多く、骨盤が歪んでいるから足の変形が進みみ、足が変形していくから骨盤が歪んだり開くという悪循環に陥っているということもあります。

 

O脚の問題点

O脚の問題点としては、ある程度O脚が悪化しないと自覚症状を感じにくく、なんとかしないといけないと施術の必要性は感じているが、自然と後回しになっていることが多いということです。自覚症状が出るくらいまで状態が悪化し変形が進んでしまうと回復に時間がかかりやすく、そもそも回復できない可能性まで出てきます。

O脚に対しては骨盤矯正に限らず全身のケアが重要です。O脚でお困りの方は後回しにせずに早めのケアをしていきましょう!

 

骨盤矯正・骨格矯正

 

 

お問い合わせはこちら

  • くめ鍼灸整骨院 金剛本院

    〒584-0073
    大阪府富田林市寺池台1丁目9−60
    金剛ショッピングモール1F
    駐車場200台完備

    金剛本院line メール問い合わせ

    金剛本院電話

    店舗詳細はこちら

  • くめ鍼灸整骨院 藤井寺院

    〒583-0027
    大阪府藤井寺市岡2丁目9-14
    駐車場あり

    藤井寺院line メール問い合わせ

    藤井寺院電話

    店舗詳細はこちら

LINEお友だち追加ページへ

くめ鍼灸整骨院金剛院LINEくめ鍼灸整骨院藤井寺院LINE