スタッフブログ

膝に痛みはありませんか?

2022年03月17日

こんにちは!

くめ鍼灸整骨院の鍼灸師、健康運動指導士の中島です。

今週は気温が20℃を超える日も出てきて暖かい日が多くなりましたね。

しかし気温差が大きい時期でもあるので体調に気を付けてお過ごしくださね。

 

 

変形性膝関節症とは

膝のクッションの役割をしている軟骨が加齢や筋肉量が落ちることによって擦り減って痛みが生じる病気です。

クッションの役割をしている軟骨半月板がすり減ることにより骨と骨が擦れて、関節内に炎症を起こしたり、変形を起こしたりして痛みや腫れが生じる病気です。

 

 

原因は?

加齢

年齢を重ねるごとに変形性膝関節症のリスクは上がっていき、また男性に比べて女性に多いのが特徴です。

加齢とともに膝のクッションの役割をしている軟骨がすり減ることにより骨と骨が擦れて、関節内に炎症を起こしたり、変形を起こして痛みや腫れが生じます。

 

肥満

体重が増えるとその分、膝にかかる負担も大きくなります。

歩くときなどに膝にかかる負担は体重の約3倍と言われています。

高齢になるにつれて運動不足や基礎代謝量の低下などにより痩せにくくなってしまいますので膝に不安のある方は体重管理に気を付けましょう。

 

筋肉量の低下

足の筋肉量が低下すると膝にかかる負担が大きくなります。

特に高齢の方は運動量が減り筋肉量が低下しやすくなるので

ウォーキングなど適度な運動を心がけましょう。

 

 

O脚

O脚などの足の変形は膝の内側に負担がかかります。その状態が長く続くと

膝の軟骨が擦り減っていき変形性膝関節症の原因となります。

 

 

 

変形性膝関節症ってどんな症状?

変形性膝関節症の症状には初期中期末期と3つに分けられます。

 

初期

立ち上がり、歩き出しなどの動作の始めに膝が痛みます。しばらく動いていたり、

休んでいると痛みがおさまる事が多いです。

 

中期

歩くと膝が痛み、正座や深くしゃがみ込むような動作や階段の昇り降りで膝が痛みます。

また初期ではしばらく休んでいたらおさまっていた痛みが消えなくなってきます。

 

末期

膝のクッションの役割である軟骨がほとんどなくなり歩行などで膝の骨同士がぶつかるようになります。

この段階になると初期、中期の症状が悪化し、変形も目立つようになります。

また膝がしっかりと伸びず、歩行も困難となるため日常生活に支障が出てきます。

予防法

年齢を重ねるにつれてどうしても運動不足になり筋肉量が低下してしまいます。

膝の痛みを軽減するには膝周りの筋肉を増やしたり体重を減らして膝の負担を軽くすることが重要です。

そこで運動をしていない方でも始めやすいウォーキングをおすすめします!

ウオーキングの速度は1㎞8~15分を目安に

時間は青壮年で60~90分、高齢者で30~60分を目安にしましょう。

これを初めは週に3回を目標にして行いましょう!

変形性膝関節症は段階を経て徐々に悪化していきます。

初期の痛みや違和感を見過ごさずに治療していくことが重要になってきます。

変形性膝関節症でお困りの方はぜひご相談ください。

膝・肘・手首の痛み

 

O脚を放っていませんか?

2022年03月4日

こんにちは、くめ鍼灸整骨院 金剛院の竹中です。

 

もう3月になってしまいました。時間が過ぎるのが早いですね!

3月と言えば僕達の職業での一大イベントとして国家試験があり、2月後半には鍼灸師の国家試験、3月前半には整骨院の先生になる国家試験があり、当時のド緊張していた自分を思いだしてしまいました。

 

今回は日本人に多いO脚について書いていきます。

 

O脚(内反膝)

 

O脚とは内反膝ともいい、足を閉じて立った姿勢でも両膝の内側がくっつかずに外側に開いている状態のことをいいます。両膝がつかずに外側に開いているので、前から見るとアルファベットのO(オー)のように見えることからO脚と言われています。

 

 

目安として、両膝の間に指が2本分以上入る方はO脚の可能性があり注意が必要です。

 

O脚の悩み

O脚での悩みとしてよく聞くこととして

 

疲れやすい

他人によく言われるので気になってしまう

スリムなズボンを履けない

下半身が太く見えやすい

膝が痛くなる

将来が心配

靴の外側がすり減りやすい

 

などがあります

 

原因は?

O脚には大きく2つの原因があり、骨盤が原因の場合と、の変形が原因の場合です。

足は骨盤についているので骨盤が歪んだり開いていると足が開いてO脚のように見えることになります。

足の変形の場合でも骨盤の歪みがある人が非常に多く、骨盤が歪んでいるから足の変形が進みみ、足が変形していくから骨盤が歪んだり開くという悪循環に陥っているということもあります。

 

O脚の問題点

O脚の問題点としては、ある程度O脚が悪化しないと自覚症状を感じにくく、なんとかしないといけないと施術の必要性は感じているが、自然と後回しになっていることが多いということです。自覚症状が出るくらいまで状態が悪化し変形が進んでしまうと回復に時間がかかりやすく、そもそも回復できない可能性まで出てきます。

O脚に対しては骨盤矯正に限らず全身のケアが重要です。O脚でお困りの方は後回しにせずに早めのケアをしていきましょう!

 

骨盤矯正・骨格矯正

 

 

しっかり睡眠取れていますか?

2022年02月24日

皆さん、こんにちは!!

くめ鍼灸整骨院 金剛院の仲野です。

2月の後半になりまだまだ寒さが続いていますが、

寒さに負けず元気に行きましょう!!

 

さて、本日は「睡眠」についてお話していきます。

皆さんは、毎日十分な睡眠を取れていますか?

 

そもそも睡眠とはどのくらいの時間が必要なのでしょうか?

1日7時間~8時間の睡眠が必要と言われていますが

しっかり満足できたかどうかが大切になってきます。

つまり、眠る時間の長さより睡眠の質が大事です!!!

 

質の高い睡眠とは?

昼と夜のメリハリがはっきりしている

朝すっきり起きれる

日中に眠くなることがない

夜中に目が覚めることなく、朝まで寝れる

しっかり寝れた感じがある

 

質の高い睡眠をとるには?
規則正しい生活を送る

早寝早起き、バランスのよい食事を!

朝起きて、太陽の光を浴びる

朝起きて、カーテンを開けて部屋に光を取り込みましょう

運動をする

階段を使うなど、普段から歩く習慣を!

入浴をする

湯船にしっかりと浸かり、身体を芯から温めましょう

室内の環境を整える

照明、アロマなどで眠りやすい環境を!

 

睡眠のゴールデンタイムとは?

入眠してから3~4時間ゴールデンタイムと言われており、

その時間帯に睡眠をとると

成長ホルモンが分泌され、新陳代謝が活発になり、

健康効果美肌効果が得られると言われています。

また、疲労回復・免疫力向上などの効果も得られるようです。

 

気温差が大きく、体調を崩しやすい時期なので

質の良い睡眠を心がけて、健康第一でいきましょう(^^)

 

 

 

子どもの姿勢不良について

2022年02月17日

こんにちは!

くめ鍼灸整骨院の鍼灸師、健康運動指導士の中島です。

二月も半分が終わり寒さがさらに厳しくなってきましたね。

寒さで肩こりや腰痛が出やすい時期ですので忙しい日でもできるだけ湯船に浸かって身体を温めて寒さ対策をしてくださいね。

さて今回は「子どもの姿勢不良」についてお話ししていきます!

 

近年社会問題にもなっている子供の姿勢不良。

スマホ・ゲームが普及し、物心つく前から遊ぶほど身近なものになっています。それに伴い、子どものうちから身体の歪みを作ってしまっているお子様が急増しています。

実際、くめ鍼灸整骨院グループでも小児整体を受けに来られるお子様は多いです。

そこでお子さんの姿勢が悪くなる原因を上げていきます

姿勢が悪くなる原因

長時間のスマホ、ゲーム

長時間のスマホやゲームをすることで徐々にと身体が丸くなり猫背になってしまいます。

また長時間同じ姿勢が続くと身体に大きな負担がかかり肩こりや腰痛の原因となります。

 

体力の低下

コロナの影響で外に出る機会も減り学校の授業以外で体を動かす頻度が減っています。

体を動かす機会が減り家にいる時間が長くなると筋力が低下し正しい姿勢が維持できなくなります。

 

 

生活リズム

夜遅くまで起きて朝中々起きれないというお子さんはいませんか?

朝スッキリ起きれない、学校に行くまでギリギリまで寝ていると朝食欲がなく朝食を抜く方もいると思います。

そうなると脳や体がエネルギー不足となり授業に集中できない、正しい姿勢が維持できないといった弊害が出てきてしまいます。

 

足を組んで座る、片側に体重をかけて座る

足を組んで座ったり、ほおづえをつくなどの座り方をしていると片側に負担がかかりその部分の筋肉が硬くなってしまいます。

そうなると身体のバランスが崩れ身体の歪みに繋がってきてしまいます。

 

 

姿勢が悪くなることで起こる悪影響

呼吸が浅くなり集中力、免疫力の低下

猫背などの悪い姿勢が長い間続くと肺が圧迫されて呼吸が浅くなります。

そうなると頭や身体全体に十分な酸素が行き渡らず頭がボーっとして集中力が続かなかったり、免疫力が低下してしまいます。

 

身体のゆがみ

日常生活で偏った姿勢、身体の使い方をしていると身体のバランスが悪くなり肩こり、腰痛などの原因となります。

また大事な成長期に姿勢不良が続くと「側弯症」などの成長障害になる可能性もありますので正しい姿勢を心がけましょう。

 

 

消化不良

猫背や前かがみの姿勢が長時間続くと内蔵が圧迫されて胃腸の働きが悪くなり逆流性食道炎や便秘、消化不良になるリスクがあります。

 

 

予防法

ストレッチポールに乗ろう!

一日に5分程度乗ることで背筋が伸び、猫背が少し軽減されます。

ストレッチポールは市販で安く売っているのでぜひお買い求め下さい。

point

・ポールの位置は腰のあたりから

・一回につき5分程度に留める(乗りすぎるとストレッチポールが固い場合筋を痛めてしまう可能性があります。)

・首がしんどい場合は頭に枕を引きましょう

これを習慣にしきれいな姿勢を保ちましょう!

子どもの姿勢についてお困りの方はぜひご相談ください。

小児整体

 

喉がイガイガしやすい時は

2022年02月3日

こんにちは、くめ鍼灸整骨院 金剛院の竹中です。

 

また新型コロナの感染者数が多くなってきてしまい残念ではありますが、今回のオミクロン株は咳や喉の痛み、喉がイガイガするなどの症状が多いみたいですね。

喉の痛み

以前に喉の調子の悪さを感じる時は起床時に多かったのですが、皆さんも朝起きた時に喉の調子が悪いなど感じたことはないでしょうか?ただの風邪だとしても今の環境だと風邪かコロナか分からないので日頃の喉のケアを大切にしましょう。

 

今の環境だと外に出ているときはほぼマスクをしていることが多く外出時は喉の粘膜の乾燥を勝手に防げる状態になっている方が多いと思いますので、自宅にいてマスクを外している時のケアが大切になってきます。さらに寒い時期ということもあり暖房をつけて室内がいつもよりも乾燥しやすい状況ですので加湿器を使用したり適度に水分補給して喉を潤す対策が重要です。

 

また、朝に起きた時に喉がイガイガする原因として、就寝時に口が開いている人は特に注意が必要です。口が開いていると喉が乾燥しやすく、ウイルスが体の中に入ってこないように守ってくれている喉の粘膜は乾燥に弱いのでそこからウイルスが体内に入りやすくなります。

 

 

そこで就寝時にも乾燥を防ぐ方法としては加湿器で室内を加湿する方法とマスクネックウォーマーをして寝る方法があります。

 

 

マスクをして寝る方法としては普段外出時に使う不織布のマスクだと耳や口周辺の着け心地があまりよくないので睡眠の質の低下肌荒れにつながる可能性があります。寝る時用としてシルクの肌触りの良い物や耳の紐を調整できるタイプの物をつけるようにするなど工夫をするのがおすすめです。

 

 

 

最近は就寝時用の口まで覆えるタイプのネックウォーマーがあり、マスクほど耳や口周りに負担をかけにくく首回りも冷え対策ができる商品もありますので色々試してみて自分に合った方法で就寝時の喉のケアをして元気に過ごしましょう。

 

 

トップへ

血圧が急に高くなった!

2022年01月6日

こんにちは!

くめ鍼灸整骨院、金剛院の竹中です。

 

新年が始まりましたが、良いお正月を過ごせましたでしょうか?

久しぶりに帰省し懐かしいお顔に会われてほっとする方も多かったとは思いますが、まだまだ油断できないので今年も一年頑張っていきましょう!

 

 

先日、受付さんが血圧を測ったらいつもよりも血圧が高くて不安だと言われていました。確かに普段よりも高いと何かあるのかな?そう考えるとなんだかしんどいような気がしてきたなど不安の悪循環になりますよね。自分の血圧もなんだか気になってきてしまいました。

血圧測定

血圧は変動する

血圧は常に一定ではなく、寒い環境にいる時や時間帯、運動時などでも変化します。

寒い環境にいると血管が縮み血圧が上がりやすくなり、適度な運動では血管が広がるので血圧が下がりやすくなります。

時間帯としては日中になるにつれて高くなり、夜に向かうにつれて下がってくるなどの変動があります。

 

診察室血圧と家庭血圧とは

血圧の種類として、病院などで血圧を測るときは診察室血圧と言い、自宅などで血圧を測るときは家庭血圧と言います。病院などでは慣れない環境に緊張して血圧が高く測定されやすくなり、慣れた環境でゆったりと測れる自宅などでは血圧は低く測定されやすくなります。

 

正常な血管

血圧の正常値

血圧の正常な値としては家庭血圧で最高血圧が135mmHg未満かつ最低血圧が85mmHg未満と言われています。よく血圧の上とか下とか言いますが、最高血圧のことを上、最低血圧が下ということですね。

血圧が上がる時としては寒い環境にいる時、ストレス、喫煙、過度の飲酒などです。

血圧を測ると「今日は高い」とか「昨日は低かったのに」とかありますが、正しい測る時間としては起床時1時間以内と夜寝る前が良いとされており、測る時間を毎日同じ時間にするのが重要です。また血圧は変動のあるものですので長期的に記録をつけていくことが重要になります。

測る姿勢としては背もたれのある椅子に座って落ち着いた状態で測るように推奨されています。

 

 

なぜ高血圧は危険?

 

高血圧の状態が続くと動脈硬化が進行していき、血管がつまったり(脳梗塞や心筋梗塞など)、血管が破れやすく(脳出血など)なります。

動脈硬化

 

高血圧自体は自覚できるものがほとんどなく測定しないと気付きにくいものなので、ある日突然に命に係わるような症状が出てしまうと言うことがあります。

 

色々な時間に自分でも血圧を測ってみると少しずつ変動があり、きちんと測らないといけないものだと再認識できました。皆さんも朝晩の自分で決めた時間に血圧を測り、長期で記録していき健康のバロメーターとして有効活用するようにしましょう。

 

top

呼吸が浅くなっていませんか?

2021年12月23日

こんにちは!

くめ鍼灸整骨院、金剛院の仲野です。

今年も残すところあと一週間となりました。

皆さんは、今年やり残したことはありませんか?

残り一週間も元気に過ごせるようにしていきましょう!!

 

さて、本日は呼吸についてお話していきます。

 

普段、私たちは無意識で呼吸をして酸素を身体に取り込んでいます。

しかし最近は、マスク生活が続いていたり、ストレスを感じていて

呼吸が浅くなっている人が増えているようです。

 

大きく息を吸ったときに身体のどこが動いていますか?

 

が上がっているという方が多いのではないでしょうか。

肩が上がるということは、深い呼吸が出来ていない可能性があります。

大きく息を吸ったときにお腹や背中が膨らむように呼吸することで深い呼吸ができます。

 

呼吸が浅いとどんな影響がでるの?

呼吸が浅くなることで身体中が酸欠状態になってしまいます。

睡眠不足

呼吸が浅くなると眠りが浅くなり、眠っている間に身体を休ませることが出来なくなります。

免疫力の低下

身体中に必要な酸素を十分に取り入れないと、身体中に栄養が行き渡らず免疫力が低下してしまいます。

集中力の低下

呼吸が浅くなると頭に酸素が行き渡らなくなり、頭がボーっとしたり、あくびがでたり、集中力が低下してしまいます。

頭痛や首こり肩こり

普段から猫背の体勢になっていると、胸部が圧迫され呼吸が浅くなり、肺に十分な酸素を取り入れることが出来なくなり、筋肉が硬くなり首こり肩こり、頭痛がでてきます。

 

とにかく深呼吸!!

浅い呼吸を改善させるには、深呼吸を意識してください!

3~4秒かけて鼻から吸う

(お腹や肺に空気を溜め込むようにして)

6~8秒かけて口から吐き切る。

これを何度も繰り返して深い呼吸を意識してみてください。

まだまだマスク生活は続きそうですが、深呼吸を習慣にして、呼吸を整え、健康な毎日を送れるようにしていきましょう!

 

 

正しい入浴法をご存知ですか?

2021年11月25日

皆さん!こんにちは!くめ鍼灸整骨院 柔道整復師・鍼灸師の 仲野 です。

本日からブログを書かせてもらうことになりました。
皆さんのお役に立てるように一生懸命書いていきますのでよろしくお願い致します。

本日は入浴法についてお話していきます!

皆さんは毎日お風呂で温まっていますか?
湯船に浸かっていれば、シャワーだけの入浴より良いと思っていませんか?

入浴は、お湯の温度や量で効能は変わります。

入浴で得られる疲労回復効果とは?

①温熱作用
温熱作用とは、身体が温まって起こる作用のことです。

水温を40度前後にしておくと、副交感神経が刺激されリラックスをすることができます。
水温が42度以上の高い温度になると交感神経が活発になり、リラックスすることが出来なくなるので注意してください。

②浮力作用
水の浮力のおかげで、体重を支える負担が身体にかからなくなります。
筋肉や関節が緩み、身体がリラックスすることが出来るため、脳への刺激も軽減されます。

③水圧作用
お風呂に浸かることで、身体には水圧がかかります。
水圧がかかると血液やリンパの流れる速度が上がるため、酸素や栄養が全身に行き渡り、老廃物は汗や呼吸を通して体外へ排出されます。

 

疲れを取るにはぬるま湯で半身浴がおすすめです!

 

入浴する際、湯船に肩まで浸かる全身浴かおへその上まで浸かる半身浴かでその作用は変わります。

半身浴の場合、下半身にだけ水圧がかかり、足に滞っていた血液を効率よく心臓に戻すことができます。

全身浴は短時間で活性しますが、水圧の影響を受けすぎると身体に負担をかけてしまいます。

 

身体への負担が少ない半身浴の方が効率もよく、しっかりと全身に血液を巡らすことができます。

お湯の温度も疲れを取る重要なポイントです。

先程もお伝えしましたが、42度以上の熱いお湯は交感神経が活発になるので、もし熱いお湯に浸かる場合は、浸かる時間を5分以内にするなどの調整が必要です。

ぬるめのお湯で20分程度の入浴が、身体に負担が少なく、全身がくまなく温まる入浴法です。

寒い季節や特に身体が冷えるときの入浴法はこちら♪

寒い季節や特に冷えるときに当院のおすすめの入浴法は 【 3 Times 入浴法 】です!

入浴剤はオススメ

簡単に言う3回に分けて入浴する方法です。

ただ、何回も出たり入ったりするのはとても面倒な事ですよね。なので一例ですが、、、

【掛け湯】
  ↓
【入浴(30秒~3分)】

【洗髪】
  ↓
【入浴(30秒~3分)】
  ↓
【身体を洗う】
  ↓
【入浴(30秒~3分)】

 

このように何度も繰り返し湯船に浸かることで身体の芯まで温まる事が出来ます!
一度試してみてください!!
(入浴剤を入れるとさらにGOOD!)
(肩まで浸かる とさらにGOOD!)

 

これからどんどん寒くなってくるので、お仕事や寒さで疲れた身体をほぐす入浴法を試してみてください!今から対策をして、毎日元気に過ごせるようにしていきましょう!

 

足からのトラブルが多いって知ってますか!?

2021年11月8日

皆さん、こんにちは!

くめ鍼灸整骨院 藤井寺院の中川です。

 

今年も気付けば残り2ヶ月を切りましたね。

色々と忙しくなる時期なので体調管理には気を付けましょう!!

 

さて、今回は足からのトラブルが多いって事を皆さんに少しだけでも知って頂ければと思い

この内容にしました。

横から見た足のイラスト

意外にも皆さん、足元について重要とされていない方が多く感じられます。

繰り返し同じ所にタコができる方や、靴底の減り方が左右で違う方は多いと思いますが、そこまで気にしておられない方がほとんどです。

この状況を長期間放置すると様々な関節を痛める原因となります!

 

足のトラブルはたくさんありますが、その中でいくつかピックアップしていきたいと思います。

 

1.外反母趾

外反母趾は、足の親指の付け根が出っ張り、指先が小指側へ傾いて変形するトラブルです。

母趾の痛みがあり、ひどくなると親指が隣の指に重なってしまい、この様になると皮膚の炎症などが起こる場合もあります。

性別や遺伝、骨格などによって起こると言われています。

外反母趾のイラスト

2.偏平足

偏平足は、かかとが内側へ倒れている状態で、土踏まずのくぼみがなく足裏が平らな状態になっています。内側縦アーチの低下状態とも言われる。

 

3.足底腱膜炎

激しい運動でのジャンプやランニング、長時間の立ち仕事や歩行などが原因でかかとに痛みが感じられます。

関節痛のイラスト(足首)

 

 

 

 

この1~3の症状は関連性が高く、偏平足から足底腱膜炎偏平足から外反母趾になる場合があります。

これらの症状は初めのうちは何の問題もなくても、時間が経つにつれて我慢できないほどの痛みになったり、地面に足を付けなくなる可能性もあります

この様な痛みになると痛みをかばって悪い姿勢となり、股関節や腰、肩首も悪化させる事となります!

 

【予防のために】

①足に合った靴を選ぶ

靴屋さんのイラスト

先端が狭く指が窮屈な靴を履くと外反母趾のリスクが増します。

自分の足に合った靴を選んで履く様にしましょう!

②足のアーチを保つ(作る)様な運動をする

足のアーチが下がってくると外反母趾・偏平足・足底腱膜炎などを引き起こしてしまいます。

そうならない為に、足指でグーチョキパーをしたり、床にタオルなどを敷き足の指でタオルを引き寄せる運動をするとよいでしょう!

一つでも思い当たることがありましたらお気軽にご相談下さい。

正しいトレーニング計画を!part3

2021年10月21日

こんにちは!

くめ鍼灸整骨院の鍼灸師、健康運動指導士の中島です。

今週から一気に冷え込み寒い日が続いていますね、、、

気温差で体調が崩れやすくなったり、ぎっくり腰などのケガもしやすくなるので十分に気を付けてくださいね!

ということで今回はトレーニングの原則の残りについてお話ししていきます!

前回のブログを読まれていない方は、ぜひそちらの方からお読みください。

 

 

1.正しいトレーニング計画を!part1

正しいトレーニング計画を!

2.正しいトレーニング計画を!part2

正しいトレーニング計画を!part2

 

 

全面性の原則

 

トレーニングは、部位や種目に偏ったものではなく、バランス良く強化しなければなりません。これを全面性の原則といいます。

トレーニングの初期には、あらゆる面を全体的に鍛える必要があります。ある部位だけを強化しても、その競技に必要な別の部位が弱ければ、弱い筋に左右され強化した部位が最大限に発揮されません。例えばジャンプ力を強化するために大腿四頭筋(太もも前の筋肉)だけを強化しても、ハムストリングス(太ももの裏側の筋肉)を強化しなければ、バランスが悪くなり肉離れなどのケガに繋がる可能性があります。

トレーニングを実施する際には、特定の部位だけでなく、バランス良く全身を強化する必要があります。

特に12歳までのお子さんは専門的なトレーニングを行うよりも様々な能力を向上させるトレーニングを行うほうがケガが少なく競技生活が長く続けられます。

全面的な能力を高めておくことで、将来より高度な技術を習得する際にも、様々な能力に幅があるのではやく習得できる可能性が上がります。

 

個別性の原則

 

トレーニングは、年齢・性差・体格・体力・技術レベル・経験・健康状態・個人の精神的特性によってトレーニングのメニューが変わってきますので自分に合ったトレーニング量やメニューを考えて行いましょう!

 

継続性(反復性・可逆性)の原則

 

トレーニングは、一時的に行うのではなく、計画的に継続、実施する必要があります。

トレーニングは、1回や2回のハードなトレーニングでは効果が少なく、継続的に続けていくほうが効果的です。

生理学における基本的な原則として「ルーの法則」というものがあり「身体(筋肉)の機能は適度に使うと発達し、使わなければ委縮(退化)し、過度に使えば障害をおこす」という法則です。要は筋肉を使わなすぎるのもだめですし、使い過ぎもケガにつながってしまうので適度に使うのが良いということです!

またトレーニングはトレーニングを終了するとトレーニング前の状態にむかって変化していきます。これを可逆性といい、このような特性があるので継続してトレーニングをする必要があります。

 

ということで全3回でトレーニングの原則についてお話しましたがトレーニングの初期(最初の1年ほど)がとても効果が出やすい時期になっていますのでこれから始めてみようという方はぜひこれを参考にしてトレーニングに励んで下さい。

何かお困りの事がありましたら、ぜひご相談下さい。

スポーツ整体

 

 

 

1 2 4

お問い合わせはこちら

  • くめ鍼灸整骨院 金剛本院

    〒584-0073
    大阪府富田林市寺池台1丁目9−60
    金剛ショッピングモール1F
    駐車場200台完備

    金剛本院line メール問い合わせ

    金剛本院電話

    店舗詳細はこちら

  • くめ鍼灸整骨院 藤井寺院

    〒583-0027
    大阪府藤井寺市岡2丁目9-14
    駐車場あり

    藤井寺院line メール問い合わせ

    藤井寺院電話

    店舗詳細はこちら

LINEお友だち追加ページへ

くめ鍼灸整骨院金剛院LINEくめ鍼灸整骨院藤井寺院LINE