スタッフブログ

自己判断は危険!小児の上腕骨顆上骨折

2021年12月2日

こんにちは、くめ鍼灸整骨院 柔道整復師・鍼灸師の竹中です。

 

先日、車のフロントガラスが少しだけ凍っていて本格的な冬の到来を感じました。寒くなってくると椅子から立ち上がるだけでも【ぎっくり腰】になったなど良く聞くようになってきましたので冷えに十分気を付けてお過ごし下さい。

 

 

以前に子供の肘の怪我の肘内障について書きましたが、その時に注意しなければいけない肘の怪我として上腕骨顆上骨折のことについて触れました。今回は上腕骨顆上骨折について書いていきます。

 

以前の肘内障については以下をご覧ください↓

子供が腕を動かさない時は!

 

小児の上腕骨顆上骨折

子供の肘の怪我で多いものとして肘内障があり、肘内障と似た状態として上腕骨顆上骨折があります。

 

顆上骨折は肘内障と同じように肘を動かさなくなると言う所は似ているのですが、肘内障の亜脱臼という抜けかけた状態とは違い骨折になります。初期の状態は似ているので判別しにくいのですが注意してみなくてはいけません。

骨折だからとても腫れる、腫れないから骨折ではないと言う認識は当てはまらないので自己判断しないように注意してください。

 

 

顆上骨折の顆上とは肘の少し上の細くなっている部分を言い、その部分には成長軟骨があります。骨折により成長軟骨を傷つけると骨が癒合しても成長につれて肘が変形してくると言う後遺症が出ることもあります。

また、腫れが強い場合には腫れによって血行障害が起こり適切な処置がされない場合、フォルクマン拘縮(前腕部のコンパートメント症候群)という危険な合併症まで起こす可能性があります。

 

どうやって発生する?

転んで手を衝いた時や少し高い所から落ちて手を衝いた時などに起こることがあります。まれに手首の周辺の骨折や手を衝いた衝撃が鎖骨に伝わり鎖骨骨折を起こす場合もあります。

 

 

くめ鍼灸整骨院では

まず詳しく検査をさせていただきます。エコー(超音波観察装置)にてみさせていただき、必要であればすぐに医師へのご紹介もさせていただきますのでご安心ください。

この怪我は早期発見が重要です。子供が肘をかばっているなど、いつもと違う様子があればすぐに専門の機関にかかるようにしましょう。くれぐれも自己判断はしないようにしましょう。

 

お問い合わせはこちら

  • くめ鍼灸整骨院 金剛本院

    〒584-0073
    大阪府富田林市寺池台1丁目9−60
    金剛ショッピングモール1F
    駐車場200台完備

    金剛本院line メール問い合わせ

    金剛本院電話

    店舗詳細はこちら

  • くめ鍼灸整骨院 藤井寺院

    〒583-0027
    大阪府藤井寺市岡2丁目9-14
    駐車場あり

    藤井寺院line メール問い合わせ

    藤井寺院電話

    店舗詳細はこちら

LINEお友だち追加ページへ

くめ鍼灸整骨院金剛院LINEくめ鍼灸整骨院藤井寺院LINE