オスグッド・シュラッター

こんな症状でお悩みではありませんか

オスグッド

  • 膝のお皿の下が痛い
  • 運動中や運動後に痛む
  • 熱を持って腫れている
  • 痛みで運動が思う存分やれない
  • 運動しなかったら痛くない

オスグッド・シュラッター病とは?

〇成長期に現れやすい膝のお皿の下の少し出っ張った所の骨の炎症のことです。

a

オスグットの原因部分 脛骨粗面

膝のお皿の下の少し出っ張った所のことを【 脛骨粗面 】といいます。

脛骨粗面には太もも前面の大きく力の強い大腿四頭筋という筋肉が付着しています。スポーツなどで脛骨粗面に繰り返しの負荷がかかることでだんだんと炎症を起こして痛みが出るようになります。

aサッカーのようにボールを蹴る動作やバスケットボールやバレーボールのようにジャンプを繰り返すスポーツなどではオスグッド・シュラッター病の起こりやすいスポーツです。

a10歳から15歳で起こりやすく、男の子に多いと言われています。

オスグッド・シュラッター病を放っておくと?

痛みを我慢して運動をしているとパフォーマンスも上骨折がりにくく、それがストレスになりさらに悪化するなど悪循環に陥りやすいです。それでも我慢して運動をしていると剥離骨折に至る可能性もあるので注意が必要です。

aまた、オスグッド・シュラッター病と似たものとして膝の骨肉腫があります。骨肉腫とは10代から20代の年代に多い悪性の腫瘍のことです。

この悪性腫瘍を見逃すと命の危機にまで係わってしまいますので成長期に膝が痛いからオスグッド病だと自己判断しないようにしましょう。

当院でたまにある症例ですが、別の病状で来院されていた20代後半の男性の膝を見た時に、脛骨粗面強い骨の出っ張りがありました。オスグッド・シュラッター病を我慢して運動していたらこうなったとの事で、正座をすると骨の出っ張りが床に当たって正座が全くできない後遺症が残ったと言われていました。
我慢しすぎると後遺症まで残ってしまうことがあります。

くめ鍼灸整骨院での施術方法

オスグッド・シュラッター病は太もも前面の大腿四頭筋の硬さを緩める事脛骨粗面の負荷軽減が特に重要です。

a当院では、まずきっちりと問診・徒手検査をさせていただき、一人一人の症状にあった施術方法を提案させていただきます。必要であれば医師への紹介もさせていただきますのでご安心ください。

手技、ストレッチ、鍼灸施術による大腿四頭筋の硬さの緩和

特殊電療による脛骨粗面の炎症の緩和

日常できるストレッチの指導

サポーターやテーピングによる負荷軽減の指導

a

【オスグッド・シュラッター病】でお困りの方はぜひご相談ください。

お問い合わせはこちら

  • くめ鍼灸整骨院 金剛本院

    〒584-0073
    大阪府富田林市寺池台1丁目9−60
    金剛ショッピングモール1F
    駐車場200台完備

    金剛本院line メール問い合わせ

    金剛本院電話

    店舗詳細はこちら

  • くめ鍼灸整骨院 藤井寺院

    〒583-0027
    大阪府藤井寺市岡2丁目9-14
    駐車場あり

    藤井寺院line メール問い合わせ

    藤井寺院電話

    店舗詳細はこちら

LINEお友だち追加ページへ

くめ鍼灸整骨院金剛院LINEくめ鍼灸整骨院藤井寺院LINE