テニス肘(上腕骨外側上顆炎)

こんな症状でお悩みではありませんか

肘の痛み くめ鍼灸整骨院

  • 物をつかんだで持ち上げようとした時に痛む
  • ドアノブを閉めるときに痛む
  • テニスでラケットを振ると痛む
  • タオルを絞ると痛む
  • PC作業や長時間のデスクワークで痛む

テニス肘とは?

テニス肘とは

テニスプレイをする方によく見られる症状なのですが、
テニスに限らず肘の外側周辺に痛みを伴うモノを【上腕骨外側上顆炎】と言います。

【テニス肘】はテニスだけじゃない!?テニス肘が起きやすい方

テニス肘と聞くとテニスだけに起こる状態かと思われる方もいるかもしれないのですが、テニスだけでなく、同じラケットスポーツである卓球バトミントンなどや、仕事で重い調理器具を扱う料理人長時間のデスクワークで手首を酷使している方、家事などの日常生活で負担がかかっている特に30~50才の主婦に起こる可能性が高いので注意が必要です

原因は?

テニスをされている方は、バックハンドでボールを打ち返す動作を繰り返すことで手首から肘の付け根の腱に炎症が起きてしまいます。

特に初心者などの技術が未熟な方に起きやすくラケットの中央でボールを返すことができず(衝撃が大きいところで打つ)痛めてしまうケースがあります。またプレーの頻度が高い人ほど起こる可能性も高くなる傾向にあります

またテニスに限らず同じ動作を繰り返す事で、なることもあり得るので料理人や、デスクワークの方、主婦の方などにもその危険性があります

どのような症状?

肘の外側の痛み
タオルを絞る
ドアノブを回す
重い物をつかんで持ち上げる

このような単純な動作でも手首を上に反らしたり腕を外側に捻るような動作で痛みが出てしまいます。ドアをあけるときに痛む くめ鍼灸整骨院

くめ鍼灸整骨院の施術方法

くめ鍼灸整骨院では【筋アプローチ】特殊電療】や【鍼灸治療】にて施術を行います。

ただ、施術前には徒手検査をしっかりと行い、根本原因を突き止めてからアプローチを行って行きます。

オリンピック選手も使っているES-5000という特殊電療や鍼灸治療で筋肉・腱・神経にアプローチし炎症や痛みを抑えてから再発しないように筋アプローチ(呼送法)を行います。

腕は日常生活でよく使うので状態が良くなっても日常生活の動きで痛みがぶり返す場合もあります。そこで痛みが悪化しないためにも【サポーター】もご提案させていただき、さらに再発予防を促していきます。

【肘周辺の痛み】でお困りの方は一度ご相談ください。お待ちしております。

お問い合わせはこちら

  • くめ鍼灸整骨院 金剛本院

    〒584-0073
    大阪府富田林市寺池台1丁目9−60
    金剛ショッピングモール1F
    駐車場200台完備

    金剛本院line メール問い合わせ

    金剛本院電話

    店舗詳細はこちら

  • くめ鍼灸整骨院 藤井寺院

    〒583-0027
    大阪府藤井寺市岡2丁目9-14
    駐車場あり

    藤井寺院line メール問い合わせ

    藤井寺院電話

    店舗詳細はこちら

LINEお友だち追加ページへ

くめ鍼灸整骨院金剛院LINEくめ鍼灸整骨院藤井寺院LINE