スタッフブログ

その痛みの原因はもしかして!?

2021年06月17日

みなさん、こんにちは!

くめ鍼灸整骨院の中川です。

 

今年は早い時期から梅雨に入り、鬱陶しい日々が続いていますね...

この時季は特に身体に変化が起こりやすく、ストレスを受けやすい季節になります。

皆さんは梅雨の時季に古傷が痛んだり、頭痛や倦怠感が出た事はありませんか?

それって実は天気痛かもしれないですよ!!

天気痛ってあまり聞き慣れない言葉ですよね?

そこで今回は『天気痛』についてお話していきますね。

 

天気痛とは?

今の時季の様に、気象状況の影響を受けて痛みが出るものを天気痛と言います。

朝晩が寒く、日中は暑いといった寒暖差で体調を崩したり、天候による気圧の変化や、湿度の変化で起こる事が有名です。

 

どんな状態が起こる?

状態は人それぞれで、頭痛耳鳴り古傷めまい関節痛倦怠感など様々です。

その中でもっとも多いのが頭痛になります。

その頭痛の原因は、体液の循環が悪くなる事が原因とされています。

血液に水分が溜まり血管が膨張し、神経などを圧迫する事で頭痛を引き起こします。

 

対処法は?

天気痛は根本解消する事は難しいですが、体質を変えて出にくい身体づくりは出来ます。

①先ほどの話にあった様に、血管に水分を溜めない様に習慣的な運動を続ける様に心がけて下さい。

ストレッチをし、体液循環を促し、身体に余分な水分を溜め込まない様にしましょう!

③一番は不調を出さない為に普段から規則正しい生活リズムを作る事です!!

 

バランスの良い食事を摂る

 

質の良い睡眠

湯船に浸かり身体を温める

上記以外に、自律神経を安定させる事も解消の1つです。

私たち「くめ鍼灸整骨院」では自律神経を整える手法もありますので、不調に対して我慢せずお気軽にご相談下さい。

一人一人にあった手法で状態を解消していきますので、私たちにお任せ下さい。

 

 

 

 

 

猫背はよくないですよ!!

2021年01月21日

こんにちは!

くめ鍼灸整骨院の中川です。

 

皆様、新年明けましておめでとうございます。

 

昨年から引き続きコロナウイルスで大変な状況が続いていますね(T_T)

少ないとはいえインフルエンザも流行る時季なので、日頃からの『手洗い』

『うがい』『消毒』で感染予防対策を徹底しておきましょう!!

 

皆さんはこのお正月休み中にコタツに入って丸くなっていませんでしたか?

寒くなると身体を縮ませ丸くなり姿勢が悪くなる事が原因になったり、

寒さで筋肉が硬くなり血管や神経を圧迫させてしまい、痛みや違和感が発生

します。

 

今回は【猫背】についてお話ししていこうと思います。

 

猫背って聞いて、「言われてみれば自分もそうだ…。」って思った方は多いんじゃないでしょうか?

では、なぜ猫背になるのか?

原因としては、

①デスクワーク・パソコン作業

デスクワーク(パソコン作業)はキーボードを打つのに手を前に出します。

その姿勢は、肩が内側へ入り、前かがみの丸くなった姿勢となります。

この様な姿勢が長年続くと、背骨骨盤が歪んだり、筋肉が衰え背筋を支えることが難しくなり猫背となってしまいます。

 

②長時間のスマホいじり

世の中でスマホは必需品となり、ほとんどの方が持っているとても便利なモノです。

しかし、スマホで動画を観たり、調べ物をしているとついつい長時間が経ってしまってた事はありませんか?その時の姿勢は前かがみになっていて猫背となっています。しかも、スマホの画面は小さく目も疲れてしまします。

 

この様な猫背が長期に続くと様々な状態が出ています。

①肩こり

猫背のせいで頭部が前へいき、首や肩に負担がかかりコリ感や頭痛が発生しやすくなります。

ちなみに頭部の重さは5~7kgと言われています。

②腰痛

背中が丸くなり上半身の重さが腰へかかり、腰痛が発生します。

③自律神経の不調

背骨が丸くなる事で背骨に通っている自律神経に圧が加わり不調が出る事もあります。

また、神経性の腰痛となる場合もあります。

 

●予防法

①一時間に一回背伸びをする

②長時間スマホを触らない

ストレッチをする習慣を付ける

 

 

 

 

簡単な様で続ける事が難しいのも現実です。

くめ鍼灸整骨院では猫背の解消をお手伝いする事が出来ます。

猫背でお困りの方、姿勢に不安がある方はお気軽にご連絡下さい。

頭痛のお悩みはございませんか? part2

2020年10月26日

こんにちは!

くめ鍼灸整骨院の中島です。

最近は朝晩の冷え込みが強くなり寒さ対策をしていく季節になってきましたね。

今回は前回と同様の頭痛がテーマですがお話しするのは前回3つの頭痛の種類をお話しましたが、その残り2つの「緊張型頭痛」 「群発性頭痛」です。

 

「緊張型頭痛」とは…

筋緊張型頭痛、筋収縮型頭痛ともいい、不安ストレス過度の緊張などが関連しているとされている頭痛のことです。

主な症状は両側後頭部から項部、ときに側頭部、前頭部の鈍痛が多くみられる。

圧迫感や頭重感、締め付けられる様な痛みがみられ発症はゆっくりで比較的長時間続くが我慢できる痛みであることが多いです。

内科または神経内科でみられる頭痛患者の70~80%が緊張型頭痛であり、成人の22%が罹患しているともいわれる。

 

原因は?

慢性の筋収縮、それに伴う頭皮血管の収縮による。

またパソコンやゲーム、携帯や運転など身体に負担のかかる前かがみの姿勢やうつむき姿勢を長時間続けることで首や肩の筋肉が緊張し血管が圧迫され血液循環が悪くなることも一因となります。それに加えて体の冷えや不安、緊張、学校、仕事先でのストレスも神経や筋肉の緊張が起こることで頭痛が誘発されます。

 

診断

基本的には医師の診断・問診で頭痛の特徴を割り出し診断する。

脳腫瘍やくも膜下出血などの病気が潜んでいる危険性があるためそれらの疾患を除外するためにCT検査をする必要があります。

 

回復するには…

不安やストレス、抑うつが感じられる場合は抗不安薬、筋緊張が強い場合は筋弛緩薬の投与が効果的です。

しかし薬物療法は対症療法なので根本治療をするためには日々のストレスをため込まず解消する、肩や首の筋肉が緊張しているので筋肉をほぐしたりストレッチをする事が効果的です。

また日々の適度な運動やお風呂で湯船に浸かる事で血行が良くなり筋肉がほぐれるのでぜひ試してみて下さい。

長時間の運転やパソコン、携帯をいじるなど同じ姿勢を続ける事は身体に負担がかかってしまうのでできるだけ避けるよう心がけましょう。

 

緊張型頭痛に関しては首や肩の筋肉をほぐすことで緩和されるので頭痛の症状が出た場合はぜひお越しください!

骨盤矯正・骨格矯正

 

群発性頭痛とは?

片側の目がえぐられるような激しい痛みを短期間に繰り返す頭痛です。

発作時には目の充血、流涙、鼻詰まり、鼻水などが起こります。

数日から数週間の間、集中的に起こり、数年に一度同じ時期に発作が起こるとされています。

間欠期には全く症状が出ないとされています。

20~30代の男性に多い事が特徴です。

 

原因は?

原因ははっきりと解明されていませんが脳の視床下部が何らかの異常ににより刺激されると頭部にある三叉神経が痛みを引き起こします。

また目の奥にある内頚動脈というところが拡張することも痛みに関係し、それにより目の充血や流涙、鼻水などの症状も引き起こすとされています。

 

回復するには…

症状が出た際は脳神経外科や神経内科を受診しましょう。

治療法は前回ご紹介した片頭痛と同じでスマトリプタンやエルゴタミンが有効です。

また酸素吸入も有効とされています。

飲酒やタバコ、ストレスが誘因とされているのでできるだけ避ける様に心がけましょう。

 

 

頭痛のお悩みはございませんか?

2020年09月25日

こんにちは!

くめ鍼灸整骨院の中島です。

真夏の暑さもなくなり少しずつ気温が下がって過ごしやすい日が多くなっていますね。

しかし、季節の変わり目なので体調を崩される方も多いと思います。

最近、特に頭痛がひどいと来院される方が多いので、今回は頭痛に関することを話していきたいと思います!

頭痛には大きく分けて3つに分類されています。

1つ目は【片頭痛】、2つ目は【緊張型頭痛】、3つ目は【群発性頭痛】です。

今回は1つ目の片頭痛に焦点を当ててお話をします!

 

片頭痛とは…

 

成人の8%が片頭痛をもっているとされ、特に女性に多いのが特徴です。

片頭痛の4分の1は子どもの頃からすでに始まっており、最も多いのが30代とされています。

慢性、再発性の経過をとり、前駆症状として視野の一部にチカチカと光りその部分が見えなくなるという視覚異常(閃輝暗点、半盲)が出ます。

その後、一側性の拍動性頭痛が数時間~72時間程続き、食欲減退、吐き気、嘔吐を伴う事が多いです。

誘発されるもの

階段の昇降騒音寝不足寝過ぎストレス気圧気温湿度の変化人混み

チョコレートチーズトマトオレンジ赤ワインなど

 

 

 

 

 

原因は…?

原因ははっきりと解明されておりませんが、何らかの誘因により脳血管の異常な収縮が起こり、その際に痛みを引き起こす物質であるセロトニンが血中に放出され脳血管の拡張と血管外漏出が起こります。これが三叉神経を介して痛みを引き起こすことになります。

 

こんな頭痛は要注意!

 

くも膜下出血

くも膜下出血は脳の動脈の分岐部にある脳動脈瘤というこぶが破裂してそれにより脳を覆うくも膜と軟膜の隙間に血液が流れ込むという状態です。

「今までに経験したことのない激しい頭痛」、「金属バットで殴られるような痛み」と表現されるくらい激しい頭痛です。後頭部、側頭部、中心部が痛み吐き気や嘔吐を伴う事があり意識を失うこともあります。重症の場合は倒れてすぐに亡くなってしまう場合もありますが、前触れとして軽い頭痛が数回あり、くも膜下出血と気付かれない方が多いので注意が必要です。

 

 

回復するには…

中心となるのは薬物療法でスマトリプタンというものや、血管を収縮させるエルゴタミンという薬を服用すると効果があります。

また予防法や痛みが和らぐ方法としては痛む部分を冷やすと効果的です。

※マッサージや湯船に浸かるなどは血流が良くなり血管が拡張してしまい頭痛が悪化してしまう可能性が高くなりますので止めておきましょう。

また当院では鍼施術を行っておりますので薬をできるだけ服用したくないという方はぜひお越しください!

鍼灸・小児鍼

お問い合わせはこちら

  • くめ鍼灸整骨院 金剛本院

    〒584-0073
    大阪府富田林市寺池台1丁目9−60
    金剛ショッピングモール1F
    駐車場200台完備

    金剛本院line メール問い合わせ

    金剛本院電話

    店舗詳細はこちら

  • くめ鍼灸整骨院 藤井寺院

    〒583-0027
    大阪府藤井寺市岡2丁目9-14
    駐車場あり

    藤井寺院line メール問い合わせ

    藤井寺院電話

    店舗詳細はこちら

LINEお友だち追加ページへ

くめ鍼灸整骨院金剛院LINEくめ鍼灸整骨院藤井寺院LINE