スタッフブログ

五十肩だと思っていたら実は

2024年07月4日

肩こり

こんにちは、くめ鍼灸整骨院の柔道整復師・鍼灸師の竹中です。

梅雨時の本格的な湿気と暑さでしんどい季節になりましたね。梅雨時の不調の原因として東洋医学では湿気の邪気によるものと考えられていて、これを【湿邪】といいます。湿邪の解消としては、利尿作用のある温かいお茶適度な運動や暑いからシャワーだけと言う方も多いと思いますが、しっかりと湯船に入って汗をかくこと湿邪解消につながりますので注意しましょう。

 

 

 

さて今回は、「1週間くらい前に急に肩が痛くなって腕を上に挙げられなくなったので五十肩になってしまったと思う。」と言われて来院された方のお話です。

 

肩こり

 

詳しく検査をしていくと、

 

◆肩の痛みがかなり強い

◆安静にしていても肩が痛む時がある

◆自力で腕を上に挙げられないが、他人に腕を上げてもらうと挙げられる

◆腕の上げ下げの途中で痛みが強くなる

◆レントゲンでは異常なしと言われた

などなど

 

腕が上がらないから五十肩だと勘違いしやすいものですが、五十肩と似た他の状態として【腱板損傷】があります。

 

 

腱板損傷って?

肩関節

肩は多方向に動く可動域のかなり広い特殊な関節なので、本来は脱臼しやすい関節になります。そこで腕が簡単に外れないように腱板と呼ばれる4つの筋肉群でしっかりと固定されています。その腱板をなんらかの原因で痛めてしまった状態を腱板損傷といいます。さらに腱板が切れてしまった状態を腱板断裂と言い、腱板が伸びてしまった腱板損傷と断裂してしまった腱板断裂と区別されます。

 

 

原因は?

肩を強打して発生する原因が分かりやすいものから、特に何もしていないのに急に発生してしまう原因不明なものまであります。原因不明なものとしては肩の酷使加齢が推測されています。

 

痛む原因をしっかりと特定するのも重要ですので、腱板損傷が疑われる場合には希望があれば提携する医師へのご紹介をさせていただいております。

 

 

 

どうしたらいい?

腱板損傷は肩の関節で炎症を起こしてしまっているので炎症を抑えることが特に重要です。炎症により痛みが痛みを呼ぶという悪循環に陥って実際よりも痛みが強くなっている可能性が高くなっています。炎症が治まれば腱板は損傷している状態だけど痛みはだいぶ楽になったと言われる方が多いです。

 

 

くめ鍼灸整骨院の施術方法

◆特殊電療(ハイボルテージ)

◆鍼灸施術

◆トルマリンホットパック

◆高濃度酸素オイル

◆呼送法というオリジナルの手技

◆全身矯正

 

炎症を抑えることが特に重要ですので、即効性の強い特殊電療であるハイボルテージと呼送法という手技にて施術させていただくと肩の痛みが軽減して自力で腕を少し挙げられるようになったと喜んでおられました。ただ、すぐに簡単に改善する状態ではないので日々のケアが重要になりますので今後も注意が必要です。

 

肩の痛みが出たら五十肩と自己判断される方が多いですが、実は腱板損傷だったと言うこともありますので自己判断せずに整骨院などで一度は相談するようにしましょう。

 

トップへ

今年の暑い夏を乗り越えるために必要な事

2024年06月25日

こんにちは!

くめ鍼灸整骨院の鍼灸師・健康運動実践指導者の三田です。

6月ですが、とても暑い日が続いていますね。

本格的に夏が来るまでに熱中症対策していきましょう!

 

 

皆さん、暑熱順化(しょねつじゅんか)という言葉はご存じでしょうか?

今回は、「暑熱順化」についてお話していきます。

暑熱順化とは?

徐々に体を暑さに慣れさせていく事です。

 

 

暑熱順化できるようになると…

発汗量や皮膚血流量が多くなり、発汗により体の熱を逃すことができやすくなります。

また、汗に含まれる塩分が少なくなるので、塩分不足になりにくいです。

 

暑熱順化トレーニングをするなら今!!

2024年の暑熱順化が必要なタイミングの目安は6月中旬~です。

個人差がありますが、数日~2週間程度で習得できると言われています。

ただ、一度暑い環境から離れてしまうと、せっかく手に入れた効果が薄れてしまうので、

注意が必要です。

今の時期から暑さに慣れた体づくりをして、熱中症対策していきましょう!

 

トレーニング方法

①ウォーキング・ジョギング

エレベーターやエスカレーターを使用せず、階段を使う様にする。

また、電車通勤の場合はひと駅分を歩いてみるなど日常生活の中で取り入れるのが

継続して行えるコツになると思います。

暑さに慣れるために無理に直射日光が当たる場所での運動は行う必要がありません。

日陰や夜間、早朝などの涼しい時間帯に行っても効果があります。

 

(目安) ウォーキング 1回 30分程度

           ジョギング  1回 15分程度

           → (頻度) 週5日程度

②サイクリング

普段電車や車で出勤している方は、自転車で出勤してみるのも良いです。

 

(目安) 1回 30分程度

→ (頻度) 週3程度

 

③筋トレ・ストレッチ

室温に注意して行いましょう。

 

(目安) 1回 20~30分程度

→ (頻度) 週5~毎日習慣づけると良いです。

 

④入浴

シャワーのみではなく、湯船に入浴しましょう。

入浴前後には十分な水分補給を行ってください。

 

(目安) 2日に1回

 

エアコンの効いた部屋で長時間過ごすと外に移動したとき極端な温度変化

体温を合わせて調節する事が出来なくなり、熱中症にかかりやすい状態になってしまいます。

今から暑さに慣れる身体づくりをして、快適に夏を過ごせるようにしていきましょう!

 

当院では、急激な温度変化による自律神経の乱れを整えたり、疲れにくい体づくり

お手伝いをさせていただくことができます。お困りの方は一度ご相談下さい!

 

 

 

 

「すぐに疲れるし、そもそも疲れやすい」は要注意

2024年06月6日

こんにちは、くめ鍼灸整骨院の柔道整復師・鍼灸師の竹中です。

早いもので、もう6月になってしまいました。

6月で思い浮かぶ事としては、梅雨がありますね。梅雨はジメジメと暑い時期でありますが、ジトっとした汗は反対に冷えを呼ぶものでもありますので注意が必要です。足首から冷えは入ると言われているので、くるぶしの少し上まで届くような靴下を履いて足首を守るようにしましょう。

 

 

さて、今回は「体がすぐに疲れるし、そもそも疲れやすいのをなんとかしてほしい」と来院された方のお話です。

 

 

その方は疲労感が非常に強く、何か異常があるのではないかと思い、病院での検査を色々したが、数値上では異常は見つからなかったと言われていました。

 

 

詳しく検査をしていくと

 

◇すぐに疲れて横になりたくなる

◇非常に強い全身倦怠感がある

◇軽い頭痛がある

◇不眠が軽くある

◇脈をみると胃の気の脈が非常に弱い

◇検査では異常なし

 

以上から、慢性的な疲労感は気が非常に減っているのが原因で、さらに悪循環により自律神経の不調まで出ているのではないかと判断しました。

 

 

東洋医療では気は血管のように全身をめぐり、体を守っているものですが、気が減ってしまうと色々な不調を起こしやすくなってしまいます。

 

 

気は元々自分が持っているものと、食べ物を食べて胃で消化して作られるものと、大気から吸い込んで得られるものがあります。

胃からの気の補充が弱っている状態になると、胃の脈が弱くお臍から2,3cm左下を押すと重だるい痛みが出るようになります。

 

 

自分で何とかできる気の補充の仕方として

◇食べ物を食べて胃で消化して気が作られる

暴飲暴食も当然胃の不調を招きますので、腹八分程度にして胃を疲れさせないようにしましょう。ストレス、アルコールの取りすぎ、タバコも胃の不調の原因になりますので注意しましょう。

 

◇大気から吸い込んで得られる気

この効果がより強い場所としては、木々が多い公園や神社仏閣などのパワースポットがあります。木々の多い公園や神社周辺で散歩などの運動がちょうどよいと思います。

 

 

施術方法

これらの状態から、ストレスの軽減と胃の気の流れを良くする鍼灸施術と、さらに自律神経の調整に良いとされる電気療法(ES-5000による四肢通電法)にプラスして背骨と骨盤の矯正をさせていただきました。

 

 

直後は「なんだかスッキリした感じ」と言われていましたが、次の来院時には疲れやすいのは残っているが、お腹の調子がよくなったことで食欲が出てきて睡眠もよくとれるようになったと喜んでおられました。

 

 

気を補充する大元である胃が不調を起こしていると疲労感だけでなく色々な不調が起きやすくなります。また、長期間の原因不明の疲労感は慢性疲労症候群という病名までついているものまでありますので自分だけで判断せず不調はどこかに相談するようにしましょう!

 

トップへ

めまいと鍼灸

2024年05月30日

こんにちは!

くめ鍼灸整骨院の鍼灸師・健康運動実践指導者の三田です。

5月も早いものであという間に終わりですね。

 

さて、今回は【めまいと鍼灸】についてお話していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

めまいはどんな種類があるのか?

 

▽ぐるぐる回っている(回転性)

→まわりの景色や人がグルグル回っているように見える状態

突然起こる事が多く、耳鳴り・吐き気・耳が詰まった感じなどが伴います。

 

 

▽ふらふらする(動揺性)ふわふわする(浮遊性)

→身体が浮いているような感覚に陥る状態

低血圧やお子様によく見られます。

 

 

▽ものが揺れているように見える(動揺視)

→静止しているはずのものが揺れて見える状態

眼精疲労によっても起こります

 

 

▽クラっとくる(起立性)

→立ち上がった時に目の前が暗くなったり歪む

 

 

 危険なめまい

・呂律が回らないようになる

・意識を失う

・痙攣(けいれん)を起こす

・手や足に力が入りずらい など

 

どれか一つでも当てはまる場合は危険な状態かもしれません!

重篤な病気の可能性があるため、早急に医療機関へ受診しましょう。

 

めまいの主な原因とは?

①首の筋緊張

左右の筋緊張のバランスがとれていない時に起こりやすいです。一番多いのは、浮遊感を感じるめまいです。

 

②自律神経失調症

不規則な生活や睡眠不足、人間関係による強いストレスで自律神経のバランスが取りにくくなります。長期的にストレスがかかると※交感神経が優位になりやすいです。(※優位になり続けると血管が収縮し、耳や脳への酸素と栄養が行き渡りにくくなってしまいます。)

 

③内耳

内耳の機能異常で起こります。(耳の神経を通じて脳に伝えバランスを正常に維持する働きがある部分です。)

 

めまいを少しでも改善するには?

△ 深呼吸をする

マスク生活で呼吸が浅くなりがちになっている方が多くいらっしゃると思います。また、ストレスを感じている交感神経優位になり、自律神経が乱れます。深呼吸をする事で自律神経が整いやすいです。定期的に行いましょう。

 

△ 十分な睡眠をとる

寝る前30分前は、スマホをみない様にしましょう。スマホを見てから寝ると良質な睡眠がとれず、長い時間寝ていたとしても意味がなくなってしまいます。毎日同じ時間に就寝・起床し、睡眠習慣を整えることで自律神経の乱れを整えます。

△ 軽い運動をする

めまいを起こしやすい方は、首から背中が凝り固まっている方が多くみられます。頭部への血流を良くするためにストレッチ20~30分ほど散歩を行ってみて下さい。午前中に行うとより効果的になります。

△ カフェインを控える

カフェインを多量摂取することで興奮状態になり交感神経優位になりやすくなってしまいます。なるべく多く摂取しない様心がけてみましょう!

△ お腹いっぱい食べすぎない

食事は、塩分を控えゆっくり食べて腹八分目を目安にしてみて下さい。血圧が低くても高くてもめまいは起こります。安定させるためにも、食事はバランスよく時間を決めて3回とりましょう!

△ 好きな事を楽しむ

一番はストレスを溜めない事です!ただ、日常生活を送っているとストレスを受けないというのは難しいです。なので、ご自身の好きな事をしてリラックスしましょう。

 

鍼灸

鍼灸でのめまいを治療する方法は、耳の周辺だけでなく全身のあらゆる箇所からアプローチが出来ます。また、一般的なめまいの7割鍼灸治療で軽快するといわれています。当院では、患者さまのお身体生活背景を考慮し、オーダーメイドでの鍼灸治療をご提案させていただきます!

 

 

めまいは、原因を突き止め、治療することで解消されます。

まずは、耳鼻科や神経内科などの専門病院で検査をおススメします。

専門医によるあらゆる検査で「異常はない」と診断されたにもかかわらず、

めまいに悩み続けている方に、鍼灸治療が効果的な事があります!

お悩みの方は一度当院にご相談ください(=^・^=)

 

 

 

くめ鍼灸整骨院で施術を受けるメリット

2024年05月16日

こんにちは!

くめ鍼灸整骨院 柔道整復師・鍼灸師の仲野です。

今年の春は雨が多く、寒暖差が大きくて、体調を安定させるのが難しいですね。

しっかりお身体を温めて、疲れたら休むようにして、ムリなく過ごすようにしてくださいね!

 

さて、今回は【くめ鍼灸整骨院で施術を受けるメリット】についてお話していきます。

 

みなさんは、お身体に不調がでた際に整骨院で施術を受けようと考えたことはありませんか?

整骨院で施術を受けるメリットはたくさんあります!!

 

整骨院で施術を受けるメリット
痛みや不調の緩和

痛めているところに対して、手技療法電気療法などを行い、痛みや不調を取り除いていきます。

 

体のバランスが整う

猫背や骨格のゆがみに対して、背骨・骨盤矯正を行い、体のバランスを整えて体を安定させていきます。

 

体中の血流が良くなる

痛みがでている部分は血流が悪くなっていて、筋肉が硬くなり、痛みを感じやすくなります。

その硬くなった筋肉を緩めて、血流をよくして、筋肉の状態を良くしていきます。

 

くめ鍼灸整骨院で施術を受けるメリット

 

症状の回復(根本治療)状態に合わせた多種施術メニューで対応

痛みの原因がどこから出ているのかを分析し、根本から施術を行い早期に回復出来る様にしていきます。そして、症状が出にくい体づくりをしていきます。

 

カウンセリング(一人一人に合わせた施術)気持ちが楽になる

患者様の今のお身体の状態を詳しく診させていただき、今どのようになっているのか?など具体的に説明させていただきます。

その患者様の症状に合わせた施術を提案させていただきます。

 

くめ鍼灸整骨院オリジナル手技

当院では痛くないソフトな施術を行います。

当院オリジナルの手技【呼送法】【動軆肢法】などがあります。

痛くないので施術を受けるのが苦手な方でも安心して受けていただけます。

 

くめ鍼灸整骨院オリジナル矯正手技

当院は「ボキボキ」「ポキッ」音が鳴ったり、力を加える矯正行いません。

お子様から年配の方まで安心して受けていただける矯正をします。

 

施術後のアフターフォロー

施術を受けたあと、お家でもできるストレッチお身体が温まりやすい入浴の仕方寝具の選び方などお伝えさせていただきます。

 

ケガしにくい身体作り(メンテナンス)

痛みや症状が軽減したあとも全身のメンテナンスを提案させていただきます。

お身体を安定させて再発しにくい強いお身体づくりを目指します。

 

専門家(国家試験免許所持者:柔整師・鍼灸師・健康運動指導師など)

業界歴30年近くの先生、女性治療家、球技専門、武道専門、陸上専門の先生が在籍

 

買い物ができる

当院は金剛ショッピングモール内にあり、下の階には関西スーパーさんがあるので施術の前後にお買い物が出来ます!

 

駐車場あり

ショッピングモール内と建物の裏に駐車場があり、全部で200台以上停めれます。

また、ショッピングモール内の駐車場は屋根がありますので雨の日も安心です。

 

 

 

お身体の不調を感じられた際は、

我慢せずにお気軽に当院にご相談ください!!

 

怪我の回復していくパターン

2024年05月9日

腰痛

こんにちは、くめ鍼灸整骨院の柔道整復師・鍼灸師の竹中です。

五月病

ゴールデンウィークが終わると気を付けないといけない事として、五月病があります。

新しい環境や季節の変わり目で知らず知らずにお身体に負担がかかっている可能性が高くなっていますので、意識的にリフレッシュするように気を付けましょう。

 

 

さて、今回は腰が痛くなったのでみてほしいと来院された方のお話です。

ギックリ腰

その方の状態は、昨日原因は分からないが腰を痛めてしまって痛みが引かないので何とかして欲しいとのことでした。

すぐに原因を探り、腰周辺の筋肉の損傷だと判断し、手技と電療にて施術させていただくと痛みは半減し数日で回復していきました。

 

首の怪我

その後、今度は数カ月前から繰り返している首の痛みがあり、我慢していたがなかなか回復しないのでみてほしいとのことでした。

この首の怪我は腰と同じように首周辺の寝違えを繰り返した事により、慢性化しているように感じました。同じように手技と電療にて施術させていただくと時間はかかりましたが回復して喜んでおられました。

 

この二つの怪我のパターンとして、すぐに改善していくパターンと反対に長引いてしまうパターンの違いは何だったのでしょうか?今回は回復していく患者さんのパターンについて書いていきたいと思います。

 

 

通常の怪我の回復の流れのパターン

回復の流れとしては、腫れや熱感が引き、関節の動きが改善し、痛みが軽減し、最後にしびれが引く。

 

ギックリ腰をしてしまった方の例として

・腰が痛みで動かせず、腰を触ったら熱がある。

・腰が痛くなってから足にしびれのような違和感が出てきた。

 

まず、施術や電療を受けると組織の回復が促進されやすくなり、回復するパターンとして以下の経過をたどることが多くなります。

 

1,腰周辺の熱が引いていく

2,腰の前屈や回旋の動きが良くなる

3,腰の痛みが引いていく

4,足のしびれが引いていく

5,さらに痛みが引いていく

 

この流れの中で2番の関節の動きを良くすることが特に重要です。

関節の動きが良くならないと痛みや痺れは残りやすくなりますので、当院では痛みでガチガチに固まった筋肉に負担をかけにくい呼送法・動体肢法という手技と電療にてアプローチし、関節の動きを出しやすくして早期回復を目指します。

また、繰り返してしまっている怪我の場合は関節の動きを良くする事に時間がかかる傾向が強く、2番の所で時間がかかってしまうことが多いです。反対に怪我をしてすぐに来院された方はすぐに関節の動きが良くなる傾向があります。

 

怪我の回復には固定と安静も重要

包帯固定腰であればコルセットでの固定、足首などであれば包帯やサポーターでの固定を指導させていただき、痛めた箇所の安静を維持しやすい環境を作ります。

 

 

施術を受ける間隔も重要

施術を開始した初期はできるだけ来院間隔は短めにして、回復して痛みが引いていくと来院間隔を長くしていくようにするのをお勧めします。

例として最初の1週間はできるだけ毎日来院し、2週間目には2,3日に1回の来院に移行していくなどです。

 

まとめ

お身体を痛めてしまったら、怪我した直後に来ると治りやすく、怪我の箇所は固定して安静が基本で、施術を受ける間隔も最初は短めにする事が特に重要になります。

 

施術風景痛めてしまったらすぐにどこかの施術所に通院することが重要で、以前から繰り返しているような痛みも我慢せずに早めに通院することをお勧めします。痛みで困っている方はよければ当院に相談だけでもするようにしてください。ご連絡お待ちしております。

 

 

トップへ

マッサージへ行っても治らなかった方へ

2024年04月25日

こんにちは!

くめ鍼灸整骨院の鍼灸師・健康運動実践指導者の三田です。
極端に暑い日と雨が降る日がつづいていますね。

気候で調子が悪くなりがちなので、気を付けてお過ごしください!

さて、今回は【マッサージへ行っても治らなかった方へ】についてお話していきます。

 

このようなお悩みはございませんか?

▼マッサージを受けると気持ちいいが、すぐに元に戻る

▼慢性的な痛みなので、あきらめている

▼病院などで検査しても異常なしと言われた

▼痛みを湿布や薬で抑えている

▼疲れがなかなか取れない

 

 

これらは身体からのSOSです!

痛みの根本にアプローチしていくことが大切です。

 

日常生活に原因が…

痛みや体のだるさは、日常生活で行っている姿勢クセ原因になっている可能性があります。普段から足を組んだり猫背になっていたりすることで、徐々に体のバランスが崩れてきてしまいます。
ただ、姿勢が崩れていても自然と身体が姿勢を保とうと調節してくれるので、無理な状態で身体を動かすことになります。そうすることで、腰痛肩こりなどの痛みコリが出てきます。

痛みの原因は…

歪んだ姿勢のまま生活を送る事で、骨格付近の筋肉が伸ばされていたり、縮んだりしてしまいます。
そうすると、姿勢を保つために無理な状態で筋肉を使ってしまうことになりますので、筋肉の疲労しやすくなります。筋肉の疲労がたまりそのまま放置してしまうと筋肉が硬くなり、血流の流れが悪くなる事で痛みが発生しやすくなります。

当院では、身体の本来の状態に戻し、身体が持つ「自然治癒力」を引き出し痛みを根本から回させていきます。猫背・骨盤矯正、O脚矯正もおまかせください!

 

 

 

最後にマッサージと整体の違いについてご説明させていただきます。

どちらがいいのか結局分からないという方はご参考にしてみて下さい:)

整体とマッサージの違いとは?

整体とは…

手技により骨盤や背骨の歪みを整えることで、筋肉の疲労、コリなどを改善させていきます。身体全身のバランスを調節していきます。根本の原因を改善させるために、症状が出ている部分だけではなく、全身をみて施術します。
根本へアプローチするために原因を探し、治療が必要な部位へのアプローチを行います。

当院では、背骨・骨盤矯正に加え、《呼送法》という手技を合わせて整体していきます。土台である背骨・骨盤を矯正し、硬くなった筋肉を柔らかくしていく事で、痛みの出にくい身体づくりを目指します。

 

マッサージとは…

主に筋肉や血流に添って叩く、揉む、さする、指圧するなどの手技を使用して施術していきます。もみほぐしやクイックマッサージといった店舗では、心と体の癒しを与えてくれるリラクゼーションがメインの施術になるかと思います。
コリや辛い部分に対して施術を行い、癒しリラクゼーション健康増進が目的といています。

ただ、強く押さえられたり、グリグリされてしまうと筋線維を壊してしまう可能性が高く、壊れた繊維は人間の直す力が過剰になり、キズがついたところが強くなり、コリ・痛みを繰り返すクセが付きやすいです。

上手く筋肉の硬い部分(硬結)を完全につぶすことではなく、柔らかくできればコリ・痛みを繰り返すクセが無くなる可能性は低くなります。

 

治療とリラクゼーションを使い分けて充実した日々をお過ごしくださいね。

【 SDGs ✕ 富田林市 】

2024年04月23日

①ヨコ型(カラー)縮小2

 

富田林市にお住まいの皆様へ。

富田林市に開業して18年の時が経ちました。
平成から令和へと時代が移ろい、ありとあらゆる業種で「経済性」から「社会性」を
追及する企業も増えてきました。

 くめ鍼灸整骨院 ではSDGsの活動に対して、
「ACT FOR 2030 SDGs未来都市 富田林」をテーマに富田林市と一体となって真摯に取り組んでいます。


私たちは地域の健康と幸福を支援し、持続可能な社会を目指しています。
地域の皆様の健康と幸福を第一に考え、
質の高い医療サービスを提供することを誇りに思っています。
一人ひとりの健康をサポートすることで、より良い未来を共に築いていけると信じています。


会社と従業員、そして地域が一体となって、理想の社会を創っていくことをSDGsの活動を通じて目指します。

 

SDGsとは?

SDGsという言葉を聞いて久しいですが、これは持続可能な開発目標を指します。
2015年に国連加盟国が採択した17の目標で、2030年までに貧困、不平等、気候変動などの世界の主要な課題に取り組むための国際的な計画です。
これらの目標は、経済成長、社会的包摂、環境保護の三つの次元をバランス良く包含しており、誰一人取り残さない、地球と人々の福祉を促進することを目指しています。

【SDGs ✕ 富田林市】登録証

Earnest株式会社(くめ鍼灸整骨院)は 富田林市と共に「健康」と「パートナーシップ」をテーマとした取組提案を行い、SDGsの実現に取り組んでおります。

くめ鍼灸整骨院が取り組むSDGs

すべての人に健康と福祉を  質の高い教育をみんなに  働きがいも経済成長も

 

日々、健康に暮らせる身体づくりを支援

すべての人に健康と福祉を安心・安全・安定した身体は、【 健康 】基本です。
仕事や家庭、勉学に励む方々の拠り所として、くめ鍼灸整骨院は存在します。
生活していると様々な出来事が起きたり不安に駆られたりすることもあるかと思いまうすが、1日でも少しでも早く健康に暮らせる日々が送れるよう、全力でサポートさせていただきます。

正しい健康情報を発信して生涯学習を実施

質の高い教育をみんなにスタッフへの教育はもちろんのこと、顧客となる患者様に対しても正しい健康情報を提供さえていただくことで、学びを得ていただき、健康意識の向上努めて参ります。

エコー指導

勉強会風景1

 

 

 

 

施術を通じて多くの幸せに挑戦する事で【やりがい】を支援

働きがいも経済成長も

ご来院いただく患者様が求めていらっしゃることは十人十色です。くめ鍼灸整骨院 施術写真それぞれの患者様のニーズに沿うように最善の施術をもって最上の喜びとなるよう患者様とスタッフの【幸せ】な日々になるよう挑戦していきます。

 

 

富田林市が取り組むSDGsのご紹介

SDGs✕富田林市パートナーシップコンセプト

SDGs未来都市・富田林のテーマである「いのち」「かがやき」「ひろがり」「つながり(マルチパートナーシップ)」を表現するため、寺内町の旧杉山家住宅の螺旋階段から着想を得て、
人がつながり合っていくことでいのちを育みながらSDGs未来都市として富田林市がかがやき、広がっていくイメージを表現。(原文のまま引用)

富田林公式サイト「SDGs未来都市」:https://www.city.tondabayashi.lg.jp/soshiki/4/30351.html

富田林市SDGsパートナー一覧:https://www.city.tondabayashi.lg.jp/soshiki/4/52964.html

なぜ繰り返し施術が必要なのか?

2024年04月18日

こんにちは!

くめ鍼灸整骨院 柔道整復師・鍼灸師の仲野です。

最近は、寒暖差が大きく、日中の気温が上がり体が疲れやすくなってきますね。

もうすぐしたら、GWなのであと少しがんばっていきましょう(^^)

 

さて、今回は【なぜ繰り返し施術が必要なのか?】についてお話していきます。

皆さんは整骨院や病院で施術を受けても、その日の夜や次の日には、また症状が戻ってくるといった経験はありませんか?

施術を受けているのになぜ繰り返し症状がでてくるの?

 

普段から家事や仕事、趣味などで前かがみの体勢をしていたり、長時間同じ体勢、同じ動作をすることで、体の同じ場所や部分に負担がかかります。

そして、その負担が蓄積して、筋肉が硬くなった状態(硬結)が当たり前になってきます。

長期にわたり、負担をかけ続けているため、その硬結がどんどん硬く、取れにくい症状になってきます。

なぜ繰り返し施術が必要なのか?

長期にわたり、負担をかけ続けて出来た症状は、体の深い部分に根っこができた状態になります。根っこが出来た状態は根本的な施術が必要になってきます。

体に負担をかけ続ける以外にも、体に疲れを溜めたり体が冷える環境に居ると筋肉は硬くなってしまいます。

時間をかけて硬くなってしまった筋肉は悪いクセがついています。
何度も繰り返し施術をして筋肉を緩めていき【良い筋肉の状態のクセ】を維持させることが大切でその後、時間の経過と共に安定します。

また根本的な施術として筋肉の施術だけではなく、背骨や骨盤矯正をすることも早期回復につながります。

【良い筋肉の状態を維持】するために繰り返しの施術が必要になります。

くめ鍼灸整骨院での施術方法

くめ鍼灸整骨院では、硬くなった筋肉に対して、様々な方法で施術をしていきます。

呼送法

くめ鍼灸整骨院オリジナルの手技である呼送法を行い、硬くなった筋肉を緩めていきます。

筋肉をグリグリと強い力で押して筋繊維を壊すのではなく、やさしい治療刺激を入れて筋肉を弛める手法をとります。

背骨・骨盤矯正

ゆがみがでている背骨や骨盤を整えていきます。
背骨・骨盤矯正を繰り返し行うことで体が正しい位置を覚えてくれます。

特殊電療機器(ES-5000)

【ハイボルテージ療法】【立体動態波療法】【マイクロカレント療法】【LIPUS(ライプス)療法】などの電気療法を行い、筋肉の痛みを和らげていきます。

 

 

今の時期は寒暖差が大きく、体に変化がでやすいときなので、できるだけ体に疲れを溜めないようにして、根っこが出来ないようにしていきましょう(^^)

 

急性と慢性の回復の違いについて

2024年04月4日

こんにちは、くめ鍼灸整骨院の柔道整復師・鍼灸師の竹中です。

桜の開花宣言

早いものでもう4月になってしまいました!

先日、桜の開花宣言がされていましたが、今年は桜の開花が遅いようで、4月前半は桜を楽しめそうですね。

 

 

 

さて今回は、急性の怪我ってどんなもの?という質問があり、説明させていただいたことから、今回は急性と慢性について書いていこうと思います。

怪我(突き指)

 

怪我や状態には急性慢性があり、さらに急性でも慢性でもないものとして亜急性があります。

 

 

急性

怪我

「スポーツなどで怪我をした」や「重い物を持ってぎっくり腰になった」など

怪我が発生した当日から2,3日くらいが急性に分類されます。

 

 

亜急性

肘の怪我だんだんと負荷がかかり症状が出て来るもの。皆さんよく言われる事として、急に痛みが出て来るから急性だと感じますが、以前からだんだんと溜まってきてある日突然に出て来る痛みが亜急性に分類されます。

例として使い過ぎの症状が亜急性とされます。

 

 

慢性

腰痛例として、ぎっくり腰をして勝手に治ったと思っていたが、ぎっくり腰をしてから何か月も経つのに痛みが残っている状態が慢性に分類されます。

怪我をしてから1か月以上経過しても痛みが残っているものが慢性とされます。1か月以上も残る痛みはその原因となった痛み以外にもプラスされるように発生し、痛みの悪循環になって痛みがなかなか取れない頑固な状態になります。

 

 

急性、亜急性、慢性の回復の仕方について

急性の回復の仕方

主に原因のはっきりした怪我が多く、怪我してから当院などに通院されるまでの時間が短い可能性が高い事からも、手技+固定をしっかりして安静にすれば早期回復の可能性が高い状態になります。

 

 

亜急性の回復の仕方

はっきりとこれだ!という原因がなく、時間をかけてだんだんと溜まった負担がある日突然に出て来るので回復するのに時間がかかってしまう可能性があります。痛みがない段階では体のケアをしようという感覚になりにくいのも問題の一つになります。

 

 

慢性の回復の仕方

主な原因が特定しにくく、怪我から時間が経過している事が多く、回復するのに亜急性よりもさらに時間がかかる可能性が高くなります。骨格の歪みや痛みを一つ一つ取り除いて、根本的なお身体のケアが必要になる可能性があります。

 

 

 

当院での慢性状態の回復の一例:一年も痛みや腫れが残っていてつらい

当院での事例として、1年前に足首の捻挫をして痛みが1年経っても残り、さらに足の腫れまで残っている状態の方が来院されたことがありました。

レントゲンで骨の異常はないがずっとこの状態なのであきらめているが少しでもよくなればと思って来たとのことでした。

 

状態をみさせていただくと、足の歩行時の痛みから長い期間かばっていた事から関節の強い歪みが感じられました。

 

テーピング足電気施術で回復力を上げ、足関節の矯正にさらに包帯でのしっかりとした固定をさせていただくと少し回復がみられました。時間はかかりましたが、1か月で足の腫れは消失して、だんだんとかばって歩くことがなくなって普通に歩けるようになったと喜んでおられました。

 

 

 

腰の施術 竹中健輔

※慢性も亜急性の状態も治りにくいものですが、原因を特定して取り除く事ができれば急激に回復する可能性がありますのであきらめずにどこかに相談するようにしましょう!

 

 

 

 

 

トップへ

1 2 17

お問い合わせはこちら

  • くめ鍼灸整骨院 金剛本院

    〒584-0073
    大阪府富田林市寺池台1丁目9−60
    金剛ショッピングモール1F
    駐車場200台完備

    金剛本院line

    金剛本院電話

    店舗詳細はこちら

LINEお友だち追加ページへ

くめ鍼灸整骨院金剛院LINE