スタッフブログ

頭と腕の重さを感じた事はありますか?

2021年04月8日

こんにちは、くめ鍼灸整骨院の竹中です。

 

最近、家のすぐ近くに綺麗な桜の木があったので、そういえば何の種類の桜なんだろう?と思ってスマホで写真を撮って画像検索で調べてみました。

そうしたら、綺麗な桜だと思っていた木は、ベニバスモモまたはアカバスモモというバラ科のスモモ属で桜ではないということでした。

桜にしか見えなかったのでびっくりしましたが、スマホをこのように使った事がなかったので自分としては新たな便利な使い方だなと思いました。

 

さて、便利なスマホですが、

スマホを触っていたりパソコン作業を長年続けていると首や肩がしんどくなり休んでもしんどいままということはありませんか?

なぜしんどくなるのか考えたことはありませんか?

しんどくなる理由として、【姿勢】と【頭や腕の重さ】が強く関係しています。

 

 

頭の重さは何kg?

頭の重さは体重の8~10%と言われています。60kgの方で約5,6kgとなります。例としてお米1袋だと5kgの物が売られているのでそれを持ち上げてみると頭の重さが分かりやすいと思います。

皆さんは普段、頭が重いと感じることはないと思いますが、お米1袋と同じと考えるとかなり重たく感じませんか?

 

 

 

このように重たい頭を横になっている時以外は首や肩周辺の筋肉で常に支えているわけです。頭が重いと言ってきましたが、頭だけを支えているわけではありません。さらに両腕の重さも首や肩にかかってきています。

 

 

腕の重さは何kg?

腕の重さは体重の6%と言われています。60kgの方で約4kgで両腕になると約8kgです。頭が約6kgとして、両腕で8kgの計14kgが首と肩周辺の筋肉にのしかかっていると思えば、しんどくなるのは当たり前のように思えます。

 

 

 

 

頭と腕の重さは姿勢しだいで重たくなる

頭と腕の実際の重さは変わりませんが、姿勢が悪いと首や肩の筋肉にかかる負荷が増強されて実際の重さよりも重く感じてしまいます。その結果、しんどいから姿勢が悪くなる。姿勢が悪くなるからもっと筋肉に負荷がかかってどんどんしんどくなる。という悪循環が生まれてしまいます。

 

もともと人間の骨格は正しい姿勢でいると背骨の骨がつっかえ棒のようになり、筋肉を酷使しないで頭や腕を支えられるようにできています。人間も動物ですので、自然に生きられればいいのですが、現代社会ではスマホやPC作業など不自然な姿勢を続けないといけない時も多々ありますので、ほぼ不自然な姿勢でいることが多いです。そうすると体が歪んできて筋肉を酷使しなくてもよい機構が働かなくなり、首や肩が凝ってしんどい!ということになります。

 

以上のことから正しい姿勢に近づけることは首・肩の安定のために重要になります。

 

 

当院ではまず全身の検査をさせていただき、体の歪みを実感してもらいます。施術を受けられた皆さんは「歪んでいると思うけど、どのように歪んでいるか分からない」と言われる方が非常に多いです。自分の歪みを正しく理解しておく事は日常生活をおくる上でも矯正を受ける上でもとても重要になります。正しい姿勢を手に入れて首や肩が凝ってしんどい状態から抜け出しましょう!

 

骨盤矯正・骨格矯正

無理は禁物! 野球肘

2021年03月25日

こんにちは!

くめ鍼灸整骨院の鍼灸師、健康運動指導士の中島です。

3月も終わりに近づき、4月には進学、就職など新しい環境を迎える方が多いのではないでしょうか?

楽しみも不安もあると思いますがぜひ頑張って頂きたいです!

さて今回のブログのテーマなのですが、こちらでは野球をされている方が多く来られます

野球で特にピッチャーをされている方は肩や肘を痛めやすいです

若いうちから無理をすると選手生命に関わるケガに繋がるので本人だけでなく周りの方もしっかりと注意をする必要があります

そこで今回は「野球肘」についてお話ししようと思います

 

 

野球肘とは

 

野球によって生じる肘関節の異常を総称します

野球肘は少年期のものは離断性骨軟骨炎【成長期の骨軟骨片が剥離する】であり成人期のものは尺側側副靭帯損傷をはじめとする筋炎、腱炎、関節包炎など肘関節周囲の軟部組織の炎症になります。

また少年期に異常を抱えたまま放置すると変形性肘関節となって関節機能の荒廃を招くこともあります

 

状態は…

 

・投球時や投球後の痛み

・肘の内側または外側の圧痛、時に前腕に放散する痛み

・肘の可動域制限など

 

原因は?

投球動作時に肘関節全体に外反ストレスが生じ、投球後のフォロースルーにおいては肘中部は肘中部は肘頭窩に強くぶつかる

これを繰り返すことによって関節軟骨、靭帯、筋腱、神経などに様々な影響が出ます

また骨端線が閉じていない成長期の子どもでは上腕骨内側上顆、小頭、肘頭の骨化、

小頭の【離断性骨軟骨炎などが起こる

成人では肘頭疲労骨折、関節包炎、尺側側副靭帯などが全年代に起こります

離断性骨軟骨炎】とは

膝関節、肘関節、股関節などが好発部位で、15~20歳の男性に好発します

細菌感染によらない壊死や無腐性壊死が生じる

外傷を誘因として血流異常を起こすことによって発生します

その無腐性壊死を生じた骨軟骨片が関節面から剥離して関節内をあちこち動き回る遊離体となる。そのためこの骨軟骨片を関節ねずみといいます

関節ねずみの検査はMRI検査、レントゲン検査で関節内の遊離体を確認する事ができます

関節ねずみで、状態が軽い場合は経過観察となりますが強い痛みなどがある場合は手術が必要となります

 

回復するには…

 

投球を禁止し、肘を安静にすることが最も重要です

肘、手関節周囲の筋力をつける

骨軟骨移植手術:回復傾向にない場合や骨軟骨炎部が遊離した状態場合で、関節ねずみの除去と骨軟骨の移植を行う

予後 初期には数か月の投球禁止で回復することが多いが、進行し、変形性肘関節や尺骨神経麻痺を起こしているものは回復に難渋します

 

くめ鍼灸整骨院では手技特殊な電気を使い痛みを下げる事ができます

肩や肘は消耗品と言われるほど使えば使うほど負担が大きくなってきます

なので少しでも痛みや違和感を覚えたらぜひお近くの整骨院や病院にかかりましょう

何かお困りの事がありましたらぜひご相談下さい!

 

膝・肘・手首の痛み

 

 

親指の付け根に痛みが

2021年03月18日

皆さんこんにちは!

くめ鍼灸整骨院の中川です!

 

 

卒業シーズンですね!

昼間はポカポカ陽気でいよいよ春が近付いてきましたね!

ただまだまだ朝晩が寒く、体の冷えから体調を崩してしまう季節でもありますので体調にはくれぐれも気を付けて下さい!!

 

 

さて皆さんは仕事や家事、育児などで身体の不調などはありませんか?

 

特に女性は家事や育児で手をよく使われると思います。

その結果、手の関節に痛みが出る方が多いようです。

そこで、今回は『母指CM関節痛』についてお話していこうと思います。

 

●CM関節って?

CM関節とは、親指の付け根にある関節の部分の事です。

 

●CM関節痛ってどんな状態?

CM関節の間にある軟骨が、親指の使い過ぎや、老化によってすり減ってしまい痛みが生じる状態の事です。

●どの様な状態がみられるの?

痛みの場所は親指の付け根に現れます。

痛みは親指を使う動作、つまり物を握る動作や、親指に力を入れる動作時に痛みが出現します。

例)

①文字を書く

雑巾をしぼる

ペットボトルや瓶のふたを開ける

④ドアノブを握る

⑤ホッチキスを止める

などで痛みが出ます。

また、痛み以外に腫れや、つまみ動作の力が入りにくいといった事が挙げられます。

状態が悪化すると関節部分の変形が起こり、亜脱臼を起こしたり、親指が開きにくくなります。

 

●どの様な人がなりやすいの?

女性に多い

・特に40歳以上の方

・親指への負担がかかる仕事、家事、スポーツをしている方

などに起こりやすい。

 

●解消法は?

一番は安静にする事が良いです。

親指への繰り返し動作で、関節部分へ負荷が加わり炎症が起こってしまうからです。

しかしなかなか仕事や家事で安静にする事は難しいと思います。

 

その様な方は、サポーターがお勧めです。

サポーターの役目は関節への負担を軽減し、正しい位置で固定する事で痛みを軽くできます。

ただし、関節部分に変形が起こると元には戻らないので早目の処置が重要です!

 

くめ鍼灸整骨院では、手技やサポーターなどの提案が得意としております。

痛みや違和感を放置しておかないで、お気軽にご相談下さい。

私たちは皆さんのお悩みを全力でサポートしています(^^v

 

 

膝・肘・手首の痛み

捻挫や挫傷のケガの時には超音波検査を!

2021年03月11日

こんにちは!くめ鍼灸整骨院の竹中です。

 

年度の変わり目の時は色々忙しく、体調を崩しやすい時でもあります。そういう時には普段よりも身体のケアが重要になります。くれぐれもお体にお気を付けください。

 

指のケガ!

先日、2週間ほど前に空手の練習中に指を怪我をしてしまったけど、痛みがなかなか引かないと来られた方がおられました。

 

腫れや熱感はないのですが、受傷から日数が経過しているにもかかわらず指を使うと痛みが強く出ていました。そこで超音波検査にてみさせてもらうことになりました。

 

 

超音波検査の結果としては、骨折や不全骨折(骨にひびが入った状態)の疑いのある画像は確認できませんでしたが、靭帯の損傷と筋挫傷の疑いのある画像が確認できました。

 

富田林,大阪狭山市 金剛駅近くで捻挫したらくめ鍼灸整骨院へ

 

捻挫や挫傷時に重要なのは安静と固定ですので、包帯にて固定をし、経過をみることになりました。超音波検査や施術と固定にて不安が少し解消されたのもあり、痛みも改善されていました。

 

 

 

超音波検査とは?

超音波検査の超音波とは人間の耳には聞こえない高い周波数の音のことをいいます。超音波を物質にあてると反射し、その反射する性質を利用した検査を超音波検査と言い、エコー検査とも言います。

妊婦さんのお腹の中の赤ちゃんを見る時などに使われる物と一緒の検査法です。

 

 

超音波検査のよいところ

◎リアルタイムでみられる

◎被爆などの副作用がない

◎痛みなどの刺激がほとんどない

など体に優しい検査法になります。

 

 

超音波検査は色々な部位を検査できますが、くめ鍼灸整骨院では主に骨折や捻挫、挫傷で使います。多い部位としては、足首や指の捻挫、太ももやふくらはぎの筋挫傷(肉離れ)です。また、骨折が疑われる場合、医師へご紹介させていただきますのでご安心ください。

 

 

見た目には分からない怪我の重症度を確認することはとても重要です。骨折や捻挫、挫傷時の自己判断は危険ですので、もしも怪我をされたらすぐにご相談ください。お待ちしております。

 

捻挫・打撲・肉離れ

肘の外側が痛い、、、テニス肘かも!?

2021年02月25日

こんにちは!

くめ鍼灸整骨院の鍼灸師、健康運動指導士の中島です。

2月も終わりに近づきもう3月になりますね

緊急事態宣言の延長やワクチン接種の開始でコロナ対策が強化されていますが油断せず、手洗い、うがい、消毒、三密を避けていくように心がけていきたいですね!

さてこちらではスポーツをされている患者様がこられる事も多いのですが最近ではテニスをしている方で肘に痛みを訴える方がいられました

なので今回は「テニス肘」ついてお話していこうと思います。

 

テニス肘とは・・・ 

 

テニス肘とはテニスをする人にみられる肘関節の外側の骨(上腕骨外側上顆)周辺に痛みを伴うもので上腕骨外側上顆炎ともいわれます

ところがテニス肘は肘の外側だけでなく内側にも痛みを生じることがあります

テニス肘の外側型と内側型の比率は7:1以上と外側型が多くみられます

 

一方で仕事や家事などの日常生活、特に30~50才の主婦に起こる可能性が高いので注意が必要です

 

原因は・・・

 

テニス中、とくにバックハンドでボールを打ち返し、これを繰り返すことで肘外側に出血、部分剥離、小断裂などの炎症が起こる事が考えられます

またプレーの頻度が高い人ほど起こる可能性も高くなる傾向にあります

またテニスに限らず同じ動作を繰り返す事で、なることもあり得るので料理人の方や主婦の方などにもその危険性があります

 

 

 

検査

 

チェアテスト

肘を伸ばし手のひらを下にした状態で椅子(少し重さのあるものでもよい)を持ち上げると外側上顆に痛みが生じる

 

トムセンテスト

肘を伸ばし手のひらを下にした状態で拳を握り手関節を背屈させ、検者がこれを掌側に押し下げると外側上顆に痛みが生じる

 

 

状態は・・・

 

・上腕骨外側上顆の圧痛

・タオルを絞る、ドアノブを回す、フライパンを持つ、重い物をつかんで持ち上げるなどの手関節の背屈と前腕の回外動作を伴う運動で痛みが生じる

 

 

回復するには

 

・安静にし肘の負担のかかる動作を避ける

・手関節、手指のストレッチ、筋力を強化する

肘のストレッチ

手のひらを下にし、手首を上に曲げる

手のひらを下に向けたまま手首を下に曲げます

どうしてもテニスなど肘に負担のかかることをしなければいけない場合は運動直後は患部をしっかり冷やし、寝る前や普段の生活では温めて冷やさないように心がけましょう!

 

何かお困りの事がありましたらぜひご相談下さい!

膝・肘・手首の痛み

 

 

 

歩くと足に痛みが出る事はありませんか?

2021年02月18日

皆さんこんにちは!

くめ鍼灸整骨院の中川です!

 

昼間は暖かい日が続いていますが、朝晩の冷えがこたえますね(><)

そのせいで最近は体調を崩している方が増えてきています。

しっかりお風呂で体を温め、睡眠を取る事を心掛けましょう♪

 

さて、皆さんは運動をしていますか?

ウォーキングを再開し始めた方も多いと思います。

健康は足腰からとも言われています!!

今回は女性によくみられる『外反母趾』についてお話します。

 

外反母趾という言葉は皆さんご存じかと思います。

歩く際に親指側に体重を乗せると痛みが見られます。

 

外反母趾は、

足の親指の付け根の関節が変形し、小指側に曲がる状態の事です。

まれに男性にもみられる事がありますが、ほとんどが女性に多くみられ、10代でも起こるものです。

原因の多くは、

ハイヒールなどの指先が狭い靴を履くことが多い人に起こりやすいとされています。

また、遺伝的なものや、偏平足の方も原因の一つになります。

 

状態は?

・母趾関節がくの字に変形する

・関節部分に痛みが出る

・赤く腫れて炎症が起こる

・指がしびれる

・重度になると荷重時に母趾が回旋し小指側へ乗り上げる

軽度~中程度の状態では、

・普段からのセルフケア

・整骨院での施術で解消

・サポーターやテーピング

・靴の底敷き(インソール)を入れる

 

重度の状態では、

関節の変形が進行し過ぎると、サポーターやインソール、施術では解消が困難になってしまいます。

重度になってしまうと手術を勧められる事となります。

また、重度になってしまうと歩行にも影響が出てしまい、様々な不調も出現します。

 

なので、重度になる前のケアがとても重要になります。

とはいっても、どの様にすればよいのかわからない人も多いと思います。

 

●セルフケア

①足裏のマッサージ

母趾関節からかかとまでが硬くなりやすいので、足裏を「前後左右」と指でマッサージするとよい

 

②足指のストレッチ

指先をつまみ、上下に5~10秒程度ストレッチをかける

 

 

●サポーター・テーピング・インソール

・くめ鍼灸整骨院ではサポーター・インソールの提案やテーピングの施工も可能です!

 

よく聞く外反母趾だからと痛みを放置してしまい、重度になると取り返しのつかない事につながります。

いくつになっても健康で、自分の足で元気よく歩ける体を作っていきましょう(^^)

悩んでいる方は気軽にご相談下さい。私たちが全力でサポート致します!!

 

 

 

 

 

交通事故にあってしまったら!?

2021年02月12日

こんにちは、くめ鍼灸整骨院の竹中です。

 

早いものでもう2月になりました。寒暖差もすごいので皆さま体調にはお気を付けくださいませ。

 

当院では、前回の非常事態宣言が解除された辺りで交通事故の怪我で来院される方が増えました。新型コロナの影響で外出時に車に乗る機会が増えたのもあるのか、交通事故も増えてしまったと感じられました。

 

今回は交通事故の怪我について書いていきます。

自転車で事故

交通事故の統計では「後ろから追突される」という状況が最多で、当院でもその傾向が強いです。その場合、怪我をする場所は首が多いと感じます。

 

 

交通事故にあった男性のイラスト事故にあった方にお話を聞いていると、信号待ちで停車していたら後ろから追突された。直後には少し痛みがあるかな?やほとんど痛みを感じていなかったけど、2,3日後に首の痛みと強い張りが感じられるようになり、病院でむちうちと言われたという方が多いです。

 

 

停車中にずっと後方の状況を確認してるわけではないので、油断しているところに通常では考えられないような衝撃が体に加わるので、どんな衝撃だったかを覚えていない。または何が起きたか分からなかったという方もおられます。

 

 

 

このように、その時の状況を覚えていない方やいきなりの衝撃に興奮状態になりその時は痛みを感じていなく、数日後に落ち着いてきてから痛みが出てくることが多いのも交通事故の怪我の特徴でもあります。

 

 

交通事故に会うことは多くないと思いますので、いざ自分が当事者になると分からない事だらけになります。

痛みが強くてしんどい上に色々な慣れないことに対応しないといけないので余計にしんどくなる患者さんを見てきました。

 

早期に治療開始するのはもちろんですが、痛みや不安なことを相談して、これからどうすればいいのかが分かるだけでもまずは安心できますので当院にご相談ください。

 

 

当院ではしっかりと検査をし、徒手施術、電気施術、鍼灸施術をさせていただき、必要であれば病院へ紹介させていただきます。少しでも痛みが出たら我慢せずにすぐに専門家にみてもらいましょう。交通事故の怪我は早期の施術が重要になります。

 

交通事故施術

冬の寒い時期に注意!こむら返り

2021年01月28日

こんにちは!

くめ鍼灸整骨院の鍼灸師、健康運動指導士の中島です。

新年あけましておめでとうございます!

コロナの感染者数が収まらず大変な状況が続いていますが、コロナに負けず今年は去年より少しでも良い1年になればと願うばかりです。

さて、今回のブログのテーマは「こむら返り」です!

最近は冷えていることもあり患者様から夜中に足がつると言われることがあります。

また、こむら返りは運動中にも起こるので、部活をされているお子さんや運動習慣のある方にも注意が必要です。

そこで、今回はこむら返りはなぜ起こるのか、ならない為にはどうしたらいいのかを話していきます!

 

 

こむら返りとは…

こむら返りとは主にふくらはぎに突然筋収縮が起こり

痙攣する事を指します。

運動中や睡眠中に起こる事が多いですが睡眠中に頻繁に起こってしまうと睡眠不足となり生活に支障が出てしまう可能性があります

 

原因は…

運動中による足のつりは運動中の発汗や疲労などによりカルシウムやカリウムなどの代謝に関係するミネラルが失われ筋疲労が起こり足がつりやすくなります

特に高齢の方や運動習慣がなくて久しぶりに運動をする方は疲労が運動習慣がある方よりも貯まりやすいのでミネラルが想像以上に失われる可能性があるので注意が必要です

睡眠中による足のつりは加齢による筋肉量の減少や血液の流れが悪くなり血行不良を起こしているなどの可能性があります

ふくらはぎは第二の心臓ともいわれ、下半身の血液を心臓に送る重要な役割を担っています

心臓に血液を送る際にふくらはぎの筋肉は収縮と弛緩でポンプ作用を起こしているのですが、運動習慣がなかったり、加齢の影響で筋肉量が減ることによりそのポンプの力が弱くなってきてしまいます

そうなると血液の流れが悪くなり、足の疲労も貯まりやすくなることで足がつりやすくなってしまいます

また冷えも筋肉が固まり血液の流れが悪くなり足がつりやすくなるので注意が必要です。

 

予防するには

 

水分、ミネラル補給を大切に 

冬の時期は夏に比べのどの渇きがないので水分をあまり取られない方が多いですが睡眠中は少なくともコップ一杯程度の汗をかくと言われています

なので睡眠の前はコップ一杯程度の水分は取るようにしましょう

ただ水分を取るのではなくおすすめなのはミネラルが入った水分を取る事です

 

入浴で体を温める

冬の時期は特に冷えるのでお風呂に入る際はシャワーで済ませるのではなく湯船に浸かりしっかりと温まりましょう

しかし寒いからといって長湯をしすぎてしまうと脱水症状や肌の乾燥、睡眠の質の低下などの可能性がある為、38~40度くらいで15分程度浸かるのがおすすめです

 

ストレッチで筋肉を伸ばす

こむら返りはふくらはぎの筋肉が収縮しているのでその収縮した筋肉を伸ばしてあげる事が重要です

アキレス腱を伸ばしたり、座った状態で足を伸ばして足首を伸ばしたり曲げたりしてふくらはぎの筋肉を伸ばしましょう

 

何かお困りの際はぜひご相談ください!

捻挫・打撲・肉離れ

 

 

 

 

猫背はよくないですよ!!

2021年01月21日

こんにちは!

くめ鍼灸整骨院の中川です。

 

皆様、新年明けましておめでとうございます。

 

昨年から引き続きコロナウイルスで大変な状況が続いていますね(T_T)

少ないとはいえインフルエンザも流行る時季なので、日頃からの『手洗い』

『うがい』『消毒』で感染予防対策を徹底しておきましょう!!

 

皆さんはこのお正月休み中にコタツに入って丸くなっていませんでしたか?

寒くなると身体を縮ませ丸くなり姿勢が悪くなる事が原因になったり、

寒さで筋肉が硬くなり血管や神経を圧迫させてしまい、痛みや違和感が発生

します。

 

今回は【猫背】についてお話ししていこうと思います。

 

猫背って聞いて、「言われてみれば自分もそうだ…。」って思った方は多いんじゃないでしょうか?

では、なぜ猫背になるのか?

原因としては、

①デスクワーク・パソコン作業

デスクワーク(パソコン作業)はキーボードを打つのに手を前に出します。

その姿勢は、肩が内側へ入り、前かがみの丸くなった姿勢となります。

この様な姿勢が長年続くと、背骨骨盤が歪んだり、筋肉が衰え背筋を支えることが難しくなり猫背となってしまいます。

 

②長時間のスマホいじり

世の中でスマホは必需品となり、ほとんどの方が持っているとても便利なモノです。

しかし、スマホで動画を観たり、調べ物をしているとついつい長時間が経ってしまってた事はありませんか?その時の姿勢は前かがみになっていて猫背となっています。しかも、スマホの画面は小さく目も疲れてしまします。

 

この様な猫背が長期に続くと様々な状態が出ています。

①肩こり

猫背のせいで頭部が前へいき、首や肩に負担がかかりコリ感や頭痛が発生しやすくなります。

ちなみに頭部の重さは5~7kgと言われています。

②腰痛

背中が丸くなり上半身の重さが腰へかかり、腰痛が発生します。

③自律神経の不調

背骨が丸くなる事で背骨に通っている自律神経に圧が加わり不調が出る事もあります。

また、神経性の腰痛となる場合もあります。

 

●予防法

①一時間に一回背伸びをする

②長時間スマホを触らない

ストレッチをする習慣を付ける

 

 

 

 

簡単な様で続ける事が難しいのも現実です。

くめ鍼灸整骨院では猫背の解消をお手伝いする事が出来ます。

猫背でお困りの方、姿勢に不安がある方はお気軽にご連絡下さい。

腰の痛みは圧迫骨折だった!

2021年01月14日

あけましておめでとうございます。くめ鍼灸整骨院の竹中です。

 

今年も「3密を避けよう」に変わりはないと思いますが、やれることを探しながらいつもとは違う良い1年にしていきましょう!

 

今回は先日に来院された80代の方のお話しです。

 

 

そんなに重くない買い物袋を持って歩いていたら、だんだんと腰が痛くなったという理由で来院されました。

 

 

通常、腰の痛みが出ると圧迫骨折も疑いますので徒手検査にて異常がないか確認しました。徒手検査では異常がなかったのですが、

◦体をまっすぐにすると痛みが強く発生する

◦背中を丸くした姿勢が楽

◦立って歩くことが困難

◦ほふく前進のように這ってなら動ける

という、圧迫骨折の症状がありましたので病院にてみてもらうことになりました。

 

 

結果は腰の少し上の圧迫骨折が起こりやすい胸腰椎移行部というところで圧迫骨折がみつかりました。手術まで必要はないとのことでしたので不幸中の幸いでした。

 

 

腰の圧迫骨折の原因で多いのは骨粗鬆症です。骨がもろくなっている所に重い物を持ち上げたり、転倒して尻もちをついて背骨に圧力や衝撃が加わって発生することが多いです。

 

また、今回の原因のようにそんなに重くない荷物などを持ち上げただけでも発生することもあります。

 

痛みの度合いも痛みはあるが普通に動ける場合やほとんど動けない場合など、かなり個人差があり自己判断は危険です。

 

 

当院ではしっかりと検査をし、徒手施術、電気施術、鍼灸、コルセット固定をさせていただき、必要であれば病院へ紹介させていただきます。少しでも腰の痛みが出たら我慢せずにすぐに専門家にみてもらいましょう。早期発見と早期の施術が重要になります。

1 2 4

お問い合わせはこちら

くめ鍼灸整骨院

お問合せ番号:0721-28-1180

LINEお友だち追加ページへ

TOPに戻る